山口県岩国市尾津町1-12-29
074_telephone 0827-34-0303
 
あなたは 3445701 番目の訪問者様です

« | »

脱肛

 

脱肛(だっこう)とは、排便時などに肛門や直腸の下のほうの粘膜が肛門外に脱出する病気です。

肛門粘膜脱(こうもんねんまくだつ)ともいいます。

一般的にはいぼ痔(イボ痔)のうちの内痔核が大きくなって(ひどくなって)、

 痔核脱肛

周囲の組織が支えることができなくなったために肛門外に飛び出してしまう状態のことで、

まさに「肛門」が「脱出」してしまったように見えることです。

脱肛の症状


脱肛の初期状態では、排便時など“いきんだ時”に脱肛するだけで自然に戻りますが、

症状がさらに悪化すると、排便時だけでなく通常生活の中でお腹に力が入ったときにも脱肛するようになり、

それが自然には戻らず、手で戻さなくてはならないようになり、最悪、手で押し込んでも戻らなくなり、

常に脱肛している状態になってしまうこともあります。

常に脱肛している状態になると、粘膜部分が刺激を受け、分泌液が増加します。

肛門がベタベタして気持ち悪く、粘液が下着に付着し汚れたり、ジメジメとべとついたりします。

肛門周囲に分泌液が付着することで湿疹が生じ、痛がゆくなったりする場合もあります。

また、粘膜部分は弱いので肛門外に脱出するとこすられて傷つき、そのために出血や痛みがみられます。

痔核の脱出によるものでは時に脱出したまま(嵌頓痔核(かんとんじかく))となり、

 嵌頓痔核

激しい痛みが現れ、一部に壊死(えし)、感染がみられ、腐ったり、ひどくなると発熱することもあります。

脱肛の原因

脱肛を生じる原因にはさまざまなものがあります。

加齢で肛門括約筋(かつやくきん)が弱くなり、また肛門や直腸粘膜を支えている組織が弱くなって粘膜が

脱出するようになったものがあります。 

また、肛門の手術を受けたあとの障害でなったものもあります。

しかし、最も多いのは内痔核の程度が進んでなったものです。

 
また脱肛は以下のような場合に起こりやすいとされています。

・便秘が常習化している

・排便時の力み

・出産時の力み

・力仕事

・過度の飲酒

内臓の下垂が原因の脱肛は、老人や胃腸虚弱者に多いようです。

肛門の粘膜が下垂し、上に保てなくなった状態の脱肛です。

脱肛の予防と治療

肛門周囲の衛生に留意します。

入浴時や排便後は、温湯で肛門周囲を十分に洗い、洗ったあとは乾燥させておくようにして

肛門周囲を清潔に保つように努力します。

下着は通気性の良いものをつけるようにします。

また刺激物の摂取、アルコールなどはひかえます。

意識的に括約筋を締める運動をして肛門の締まりをよくすることも、粘膜の脱出の防止に効果的なことがあります。

以上の注意をしていても粘膜脱による出血、脱出、痛みがひどくなるようならば、坐薬・軟膏などを使い、

肛門周囲の粘膜脱による炎症を抑えるようにします。

それでも良くならなければ、外来処置、手術などの外科的処置を考えます。

このような内痔核が脱肛状態では、脱肛を戻さないと内痔核の腫れがひどくなり、痛みも強くなります。

横になるか、お尻の下に座布団をいれて、利き腕の人差し指にガーゼをあてて、

(ガーゼにはワセリンか痔の軟膏かなにもなければオリーブ油をつけて)1カ所づつ、

いれやすいところから人差し指をを使って戻しましょう。

 

利き手の人差し指の指先に図のごとく(すべらないように)ガーゼ(白色)をあてて、

(ガーゼにはワセリンか痔の軟膏(オリーブ油でも良い!)をつける)、

まず一カ所、入れやすい脱肛から順に、

人差し指とガーゼを内痔核を共に一緒に肛門の奥に押し込むような要領で入れましょう。

指を抜くときは、又押し込んだ痔が出てこないように、中指などを添えて押さえるようにしながら、

そっと人差し指を抜きましょう。

利き腕の人差し指先にガーゼをあてて図のごとく、1カ所の脱肛が戻ったら、

それが再び出ないようにしつつ、そっと指を引き抜いて、

さらに、次々と、となりの脱肛を同様にガーゼを巻いた人差し指で奥の方に入れ込みましょう。

ガーゼを使用するのは指がすべらないようにするためです)。この動作を続けて行けば、

図のごとくほとんど戻ってしまいます。

指を引き抜く時は、そっと、又出てこないように注意深く引き抜きましょう。

上記脱肛が戻った状態です。

普通の人の肛門と同じになりました。こうなると痛みもとれて、内痔核の腫れもよくなります。

坐剤軟膏などを挿入しておきましょう。

風呂にはいってあたためるとさらに良いでしょう。

脱肛は初期状態では手術の必要はありませんが、

自然には戻らなくなったり、常に脱肛している状態になった場合には、

塗り薬や坐薬では治らず手術が必要な場合もあります。

根治的にしっかりと治すには、粘膜の脱出部分に外科的な治療をすることが必要です。

ゴム輪結紮(けっさつ)療法で粘膜脱部分を処置したり、手術的に痔核切除に準じて切除したりします。

肛門の締まりが悪くなって生じているものには、

手術的に肛門の出口にナイロンなどのリングを挿入し締めることも行われます。