アルコールと大腸がん

飲酒は大腸がんの危険性を高めると指摘されています。

飲酒が大腸がんを引き起こすメカニズムについてははっきりしていませんが、

アルコールが問題となるのは、アルコール代謝に関わる成分の

アセトアルデヒドに問題があります。
 

ビールや日本酒として摂取したアルコールは、肝臓で代謝されアセトアルデヒドになり、

次いで解毒過程が進み炭酸ガスと水へと変わります。

このアセトアルデヒドは悪酔いの原因ともなる有毒物質で、発がん性があるとされます。

しかし、飲酒によって大腸がんのリスクが高まるのは、

アセトアルデヒドによる大腸粘膜への直接的な作用としてよりも、

アルコール、またはアセトアルデヒドが葉酸の働きを阻害することにより、

大腸がん発がんの初期段階である遺伝子の低メチル化が

引き起こされるためという考えが有力です。

日本人は、アルコールの分解を行うアルデヒド脱水素酵素の欠けた人が

多いことが知られています。

少量の酒を飲んでも顔が赤くなりやすい人は、この酵素が欠けた人です。

アルデヒド脱水素酵素の欠けた人々は、食道がんや胃がん、大腸ガンなど

消化管のガンのリスクがかなり増加することが示唆されています。

世界保健機関(WHO) は、飲酒が、大腸、口腔、いん頭、喉頭、食道、肝臓、乳房のガンの

原因になると結論を下しています。

例えば、毎日、大ビンで 2 本、あるいは大ジョッキで 2 杯のビールを飲んでいると、

大腸ガンのリスクは 2 倍に増加します。

飲酒量が増加すると、大腸ガンのリスクも増加します。

●アルコール目安は1日23gまで

男性で大腸がんにかかっている人のうち4分の1は、

1日あたり23g以上のアルコールを摂取しているということがわかりました。

つまり4人に1人は、

大腸がんに関してアルコールの過剰摂取が要因となっている可能性があるということです。

アルコールを毎日23gまでに抑える、

というのが大腸がんのリスクを高めないための目安とされています。

アルコール23g

日本酒一合(180ml)

焼酎(25度)0.6合、

泡盛(30度)0.5合、

ビール大瓶(633ml)1本、

ワイングラス(100ml)2杯、

ウイスキーダブル(60ml)1杯

にほぼ相当します。

●92g以上/日で3倍のリスク

研究によれば、男性で1日に92g以上のアルコール摂取によって、お酒を全く飲まないという人よりも

大腸がんのリスクは3倍、結腸がんのリスクは3.4倍、直腸がんのリスクは2.1倍になるということがわかりました。

69-91.9gのアルコール摂取となると、

大腸がんが2.2倍、結腸がんが1.9倍、直腸がんが2.8倍のリスク増加となっています。

飲酒をしない人々と比べて、 1 日あたりアルコール量で 23 ~ 45. 9 グラムのアルコール飲料を飲む人々の

大腸ガンのリスクは 42 パーセント増加。

同様に、 1 日あたりアルコール量で 46 ~ 68. 9 グラムのアルコール飲料を飲む人々の大腸ガンのリスクは

95 パーセント増加、ほぼ 2 倍に増加。

1 日あたりアルコール量で 69 ~ 91. 9 グラムのアルコール飲料を飲む人々の大腸ガンのリスクは

115 パーセント増加、 2 倍以上に増加。

1 日あたりアルコール量で 92 グラム以上のアルコール飲料を飲む、大酒飲みの人々の大腸ガンのリスクは
 
196 パーセント増加、ほぼ 3 倍に増加。

飲酒量が増加すると大腸ガンのリスクが増加する重要な関係は、女性でもみられます。

飲酒との関係は、直腸ガン、結腸ガンの両方で明白だといいます。

●アルコール飲料別の検討

 アルコール飲料別の検討はいまだ行われていません。

しかし、今後の研究によって特に大腸がんのリスクを高める飲料、

特段問題のない飲料などがよりはっきりしてくる可能性も残されています。

なお、上記の研究は日本人の大腸がんリスクについての研究ですので

人種が異なればそのリスクも当然異なります。

日本人向けの大腸がんリスク回避が23g/日であると理解してください。

 

 

 大腸の中でも口に近い部分(結腸)と肛門に近い部分(直腸)とでは、

がんの危険度に生活習慣が及ぼす影響が違うと言われています。

結腸では、男性に於いて、お酒をやめた人、現在飲んでいる人ともに、

お酒を飲まない人と比べて危険度が約2倍になっており、

女性でもお酒を飲まない人と比べて、お酒をやめた人ではやや危険度が高くなっています。

一方、肛門に近い側の直腸では、お酒を飲まない人に比べ、お酒をやめた人、現在飲んでいる人の危険度が

とくに高くなってはいません。

大腸がんのうち、結腸がんの危険度がお酒を飲んでいる、またはやめた男性で高くなっています。

大腸がんは結腸がん、直腸がんともに発生率が増えてきましたが、結腸がんの方が増加は急です

男性ではアルコール消費の増加が結腸がん増加の理由の1つである可能性もあり、

大腸がん予防のためにもお酒の飲み過ぎには注意すべきと思われます。

 
 


 

 

 

 

 

 

 

 

低脂血症

低脂血症とは、血清脂質濃度が通常低いとされている濃度よりもさらに低い値を示す疾患です。

一般に、

総コレステロール   120mg/dl未満、

中性脂肪(トリグリセライド)   40mg/dl未満、

LDLコレステロール   80mg/dl未満

を低脂血症の基準としています。

低脂血症の大部分は栄養状態の悪化や甲状腺疾患、肝疾患による二次性の低脂血症がほとんどです。

ごく一部には基礎疾患のない原発性の低脂血症

(コレステロールは血液中で水溶性になるため、ある種の蛋白と結合しており、

これらの蛋白の欠乏が遺伝的にある場合など)

も含まれます。


低脂血症では、一般的には特別な治療は行われないことがほどんです

しかし、低脂血症を引き起こす原因となる疾患がある場合には、その原因疾患の治療が優先されます。

特に甲状腺機能 亢進症、肝硬変はコレステロール値とともに低トリグリセライド血症を認めま す。

甲状腺機能亢進症では、甲状腺ホルモンが増えている場合、

代謝が亢進し脂肪の代謝が促進され、コレステロールが下がってきます。

この場合、他に自律神経の緊張症状(動悸、発汗、手のふるえ、倦怠感など)と

ともに体重減少が出てきます。

肝硬変吸収不良症候群(栄養失調)では、脂肪自体が吸収および産生されていない状況です。

遺伝的な疾患としての低脂血症(無βリポ蛋白血症あ るいは低βリポ蛋白血症)はごく稀ですが、

原疾患を認めない例ではこれらを考 慮する必要があります。

低トリグリセライド血症に対する対応は、

原疾患(栄養障害、吸収不良性疾患、甲状腺機能亢進症、肝硬変)を

診断するた めの検査を行うことが重要です。

低下したトリグリセライド値を増加させる必要はなく、原疾患に対応すればよいと考えられます。

低コレステロール血症の重要な原因疾患として悪性腫瘍があげられます。

した がって、低コレステロール血症の患者をみた場合には、

総コレステロール値の推移を確かめて急速に低下しているかどうか を検証することが、

悪性疾患の早期発見にもきわめて重要であるといえます。


 

いかに間食が悪いか

間食とは、朝、昼、夕の食事以外にとる食べ物や飲み物のことです。

気分転換をしたり、生活にうるおいを与えるなど情緒面に働く役割もあります。

しかし、間食は健康のためにはよくないという人もいます。

おやつや夜食などの摂り過ぎは健康に良くないと分かっているのに、

ついつい目の前のお菓子に手を出してしまうものです。

間食が健康的ではないと見られる原因は、

甘いお菓子類砂糖入りのコーヒー、スナック類などが多いからではないでしょうか。

例えば、ショートケーキと砂糖・生クリーム入りのコーヒーを取ると、それだけで400kcalを超えてしまいます。

ポテトチップス1袋(100g)をペロリと食べてしまうと、これで555kcalです。

子供が1日に必要とするエネルギーはせいぜい1500~1700kcalですから、

いかに間食のカロリーが高いか分かります。

■ お菓子のカロリー

・ホットケーキ  759kcal ・チョコレート1枚 564kcal
・ポテトチップス1袋 555kcal ・えびせんべい1袋 481kcal
・大福もち2個 470kcal ・イチゴのショートケーキ 364kcal
・おかき1袋 342kcal

塩味のおせんべいやスナック類は甘くないから安心と思い込んでいる方もおられますが、

せんべい等も原料は餅米や米で糖質がほとんどです。

またスナック菓子も含めて揚げおかきなどの菓子は、油分が多く高カロリーのものもあります。

脂質はもちろん糖質も、食べ過ぎれば消費されずに余った分は体内に脂肪として蓄積されますから、

肥満はもちろん、生活習慣病につながる危険性があるので、問題視されるのです。


砂糖
の害は血糖値や血圧を上昇させ、毛細血管を詰まらせる要因となった挙句、

脳血栓や脳溢血、心筋梗塞などの引き金となります。

取りすぎには要注意です。

子供に生活習慣病が増えたのも、間食による肥満が原因といってもオーバーではありません。

間食のもう一つの難点は、

ケーキやアイスクリームなどの甘いお菓子類は、カロリーが高い割には

たんぱく質、ビタミンやミネラル、食物繊維などの栄養素は少ないものが多いことです。

間食でお腹がいっぱいになれば、夕食を取らなかったり、残したりします。

栄養のバランスが大きく崩れることは当然です。

 

間食がもたらす害は、エネルギーのとり過ぎからくる"肥満"だけではありません。

 一日の間食の"回数"が問題になってきます。

 体内に入った栄養素を分解する時、"活性酸素"が大量に発生します。

 朝、食べたものを消化し終わる頃に、間食が入ってくる。

 昼食が消化し終わる頃に、また間食が入ってくる…。
 

私たちの身体は、血管を動脈硬化から守ってくれる細胞を持っています。

 
次々と発生する活性酸素に、細胞が四六時中痛めつけられ、障害を受け、しだいに機能が低下していく

動脈硬化が進行するのです。 
 

食べることで活性酸素が生まれます。

加えて、食生活の西欧化で、脂分の多い食べ物が、消化時間を長引かせ、 

その間発生する活性酸素が、血管内壁を傷めつけるのです。

50歳を過ぎる頃から、老化が加速します。

間食の時間や間食の量に気を配り、血圧・血糖値・コレステロール値をチェックして、 

動脈硬化症を予防しなければならない。

 
食事の間隔は、5時間は空けるようにしましょう。

間食もできるだけ控えることです。

 
規則正しい食習慣が、老化促進の予防になるのです。

人間は血糖値が下がってきたときに空腹感を感じますが、

放っておけばグリコーゲンが糖に変えられて消費されます。

そのグリコーゲンもなくなれば、脂肪が分解されて使われます。

こうなると再び血糖値が上がり、

空腹感は解消してしまいます。

空腹感というものは胃の中にものがあるかないかではなく、血糖値によって脳が判断しています。

したがって、午後の3時くらいにお腹がすいたからといって、

その空腹感をおやつやジュースで補っていては、蓄えられた脂肪が分解される機会が24時間やってきません。

血糖値が下がったときにすぐに糖分を補ってしまっていては、

脂肪が使われることはなく、肥満は改善されません。

よって、どうしてもおやつを食べたいときは間食にするのではなく、食事に添えるようにしましょう。

それも、食後のデザートにするのではなく、食前に食べるのが望ましい

甘いものは食事の量の感覚をマヒさせるので、食後に甘いお菓子を食べるとついつい食べ過ぎになります。

食前に食べれば最初に血糖値が上昇するので、食事を減らすのに役立ちます。

 

本当に妊婦にレントゲン撮影をしてはいけないのか

妊娠中はレントゲンを撮ってはいけないというわけではありません。

また胎児に影響が出るのは100mGy(グレイ)以上の被ばくの場合であり、

その場合でも1-5%に影響が出るに過ぎません。

通常の検査では100mGyもの被ばくはありませんから、いつでも撮影は行えます。

「妊婦はレントゲンを撮ってはいけない」が間違っており、必要があれば妊娠中でも撮影は行います。

妊娠中にレントゲン検査を受けていない、いわゆる正常妊娠においても、

統計学的には約0.9%の確率で胎児奇形が発生します。

ですから仮に胎児奇形があったとしても、

「レントゲン被爆が胎児奇形の原因だ」と断定することは出来ません。

私たちは天然の放射線源からの放射線や宇宙線など、絶えず自然界から放射線を受けています。

自然界からの放射線の量は1年間に世界の平均で2.4mSv(シーベルト)です。

胎児へのレントゲン被爆の影響は① 被爆した時期 と② 胎児への被爆線量 の 2 点を考える必要があります。

●被爆時期 と 「しきい値」 

妊婦さんが放射線に被曝した場合、

胎児へ奇形等の影響を発生させる放射線量の最低の値(「しきい値」と呼ばれます)は
 
100m Sv〜 200m Svであると考えられています。

すなわち、 しきい値線量を越えて被曝しなければ、基本的に胎児への影響は発生しないと考えられています。

その「しきい値線量」は

1, 胚死亡(受精卵の死亡)として影響の出てくる受精後0〜9日では50〜100mSV

2,  奇形発生の可能性がある器官形成期(受精後2〜8週、妊娠4〜10週)では100mSV

3,  精神発達遅滞の可能性がある受精後8〜15週(妊娠10〜17週)では120〜200 m Sv

とされています。

すなわち 、国際放射線防護委員会;ICRPによりますと、

児奇形は、 受精後2〜8週( 妊娠4〜 12 週)の胎児が100mSvを超えて被爆すると発生する可能性がある。

精神発達遅滞は、

受精後8〜15週( 妊娠 10 〜 27 週)の胎児が120mSvを超えて被爆すると発生する可能性がある。

(知能低下は被爆線量に比例し、 1,000mSv の被爆では知能指数( IQ )が約 40 程度低下すると報告されています)

と理解して下さい。

胎児の被爆線量

実際に X 線検査の際に、

胎児の受ける線量(妊娠と気付かずに放射線診断を受けた場合)はどれ位なのか、

国際放射線防護委員会( ICRP )およびは NRPB (イギリス放射線防護庁)の資料をご覧下さい。 
            


妊娠中の胸部レントゲンは大丈夫ですか?
 
           

  
表1 で分かるように、胎児に奇形を発生させる被爆量は少なくとも100mSv以上とされています。

胸部レントゲンに関しては、胎児への被曝線量は表2 から分かるように 0.01m Sv未満です。

よってどの時期に胸部レントゲン検査を行っても胎児への影響は無いと考えてさしつかえありません。

■ 妊娠に気づかないでCT検査を受けてしまいました。大丈夫ですか? 

 表2 で分かるように、CT検査における胎児被爆量は頭部で0.005mSv未満、

骨盤部CTで最大79mSvと報告されています。

同じCT検査でも部位によって胎児の被爆量は大きく異なります。

胎児に奇形を発生させる被爆量は少なくとも100mSv以上とされていますので、頭部CTは問題ないでしょう。

骨盤内CTも胎児の被爆量は79mSvですので、

繰り返し検査が行われない限り大きな問題は無いと考えられていますが、

最終的に妊娠を継続するかどうかは、これらの事実を踏まえ自分自身で判断する事になります。

            

レントゲン検査はいつ受ければよいですか? 

胎児の被爆線量がいくら少ない検査であっても、妊娠中に不必要な被爆をしないにこした事はありません。

妊娠を考えている女性が人間ドックなどでレントゲン検査を受けるとすれば、

月経直後から約10日間の間すなわち妊娠が否定できる時期がベストです。

しかし、妊娠に気づかないで胸部レントゲン検査を行っても、

基本的には問題のない被爆量ですので不安になる必要はありません。

         

トランス脂肪酸

油脂に含まれる栄養素一つ

天然食品中に含まれているものと、油脂を加工・精製する工程でできるものがあります。

天然のものは、牛肉や羊肉、牛乳や乳製品のなかに微量のトランス脂肪酸が含まれています。

現在広く行われている液体の油脂から半固体、固形の油脂を作り出す工程(硬化処理)や

油脂中の不純物を除去する工程でトランス脂肪酸が生成されます。

脂肪の分子中の炭素と水素の結びつきに変化が生じ、構造中にトランス型の二重結合を持つ不飽和脂肪酸です。

脂肪酸は細胞膜の構成要素になっているものですが、細胞膜の中にトランス型が紛れこむと細胞膜は弱くなり、

その結果としてさまざまなトラブルを生ずるといわれています。

不飽和脂肪酸は水素の不飽和な箇所があるために反応しやすく、それだけ生理的な活性が高い脂肪酸ですが、

その代わり不安定な脂肪酸でもあり、老化、酸化しやすく日持ちが悪い。

そこで現代の多くの食用油では日持ちを良くするため、水素が不飽和で足りない箇所に

化学的な技術を使い強引に水素をくっつけており(水素添加)、

マーガリン、ショートニングなどもこの方法で造られています。

そしてこういう水素添加(硬化)、部分的水素添加(部分的硬化)の過程で、

体には好ましくないトランス脂肪酸やその他の有害物が生じてきます。

「食事、栄養及び慢性疾患予防に関するWHO/FAO合同専門家会合」では、

トランス脂肪酸の摂取量を総エネルギー摂取量の1%未満

つまり、日本人の場合、1人1日当たり2グラム未満が目標量とされていますが、

農林水産省が2008年に実施した調査結果では、

日本人が1人1日当たり食べているトランス脂肪酸の平均的な量は、0.92~0.96グラムと推定されています。

トランス脂肪酸は、取りすぎた場合、血液中のLDLコレステロール(いわゆる悪玉コレステロール)が増えて、

HDLコレステロール(いわゆる善玉コレステロール)が減ることが報告されています。

日常的にトランス脂肪酸を多く取りすぎている場合、

少ない場合と比較して狭心症心筋梗塞(こうそく)などの冠動脈性心疾患(CHD)

リスクを高めることが示唆されています。

更に、ガン、免疫機能、認知症、不妊、アレルギー、アトピーなどへの悪影響が報告されています。

トランス脂肪酸の過剰摂取が心配される食事例


朝食:パンにマーガリンや菓子パン、クリーム入りコーヒー

昼食:ファーストフード、又は冷凍食品を利用したお弁当

おやつ:クッキー、クラッカー、

夕食:インスタント・レトルト食品を利用したもの

上記のような食べ方をしている人は要注意です。

トランス脂肪酸を多く含む食材

■ぬりもの・オイル系

マーガリン、ピーナツバター、マヨネーズ、コーヒーのクリームなど

■お菓子系

ケーキ、アイスクリーム、チョコレート菓子、クッキー、クラッカー、菓子パン、ポテトチップス、ドーナツなど

■インスタント・レトルト系

カップ麺、インスタント麺、缶のスープ、シチューのルウ、カレーのルウなど

■ファーストフードやファミリーレストラン系

チキンナゲット、フライドポテト、フライドチキン、パイなど

■冷凍食品系

から揚げ、ケーキ、ピザ、魚のから揚げ、コロッケ、天ぷらなど




 


山口県岩国市尾津町1-12-29
074_telephone 0827-34-0303