山口県岩国市尾津町1-12-29
074_telephone 0827-34-0303
 
あなたは 3349634 番目の訪問者様です

« | »

いかに間食が悪いか

間食とは、朝、昼、夕の食事以外にとる食べ物や飲み物のことです。

気分転換をしたり、生活にうるおいを与えるなど情緒面に働く役割もあります。

しかし、間食は健康のためにはよくないという人もいます。

おやつや夜食などの摂り過ぎは健康に良くないと分かっているのに、

ついつい目の前のお菓子に手を出してしまうものです。

間食が健康的ではないと見られる原因は、

甘いお菓子類砂糖入りのコーヒー、スナック類などが多いからではないでしょうか。

例えば、ショートケーキと砂糖・生クリーム入りのコーヒーを取ると、それだけで400kcalを超えてしまいます。

ポテトチップス1袋(100g)をペロリと食べてしまうと、これで555kcalです。

子供が1日に必要とするエネルギーはせいぜい1500~1700kcalですから、

いかに間食のカロリーが高いか分かります。

■ お菓子のカロリー

・ホットケーキ  759kcal ・チョコレート1枚 564kcal
・ポテトチップス1袋 555kcal ・えびせんべい1袋 481kcal
・大福もち2個 470kcal ・イチゴのショートケーキ 364kcal
・おかき1袋 342kcal

塩味のおせんべいやスナック類は甘くないから安心と思い込んでいる方もおられますが、

せんべい等も原料は餅米や米で糖質がほとんどです。

またスナック菓子も含めて揚げおかきなどの菓子は、油分が多く高カロリーのものもあります。

脂質はもちろん糖質も、食べ過ぎれば消費されずに余った分は体内に脂肪として蓄積されますから、

肥満はもちろん、生活習慣病につながる危険性があるので、問題視されるのです。


砂糖
の害は血糖値や血圧を上昇させ、毛細血管を詰まらせる要因となった挙句、

脳血栓や脳溢血、心筋梗塞などの引き金となります。

取りすぎには要注意です。

子供に生活習慣病が増えたのも、間食による肥満が原因といってもオーバーではありません。

間食のもう一つの難点は、

ケーキやアイスクリームなどの甘いお菓子類は、カロリーが高い割には

たんぱく質、ビタミンやミネラル、食物繊維などの栄養素は少ないものが多いことです。

間食でお腹がいっぱいになれば、夕食を取らなかったり、残したりします。

栄養のバランスが大きく崩れることは当然です。

 

間食がもたらす害は、エネルギーのとり過ぎからくる"肥満"だけではありません。

 一日の間食の"回数"が問題になってきます。

 体内に入った栄養素を分解する時、"活性酸素"が大量に発生します。

 朝、食べたものを消化し終わる頃に、間食が入ってくる。

 昼食が消化し終わる頃に、また間食が入ってくる…。
 

私たちの身体は、血管を動脈硬化から守ってくれる細胞を持っています。

 
次々と発生する活性酸素に、細胞が四六時中痛めつけられ、障害を受け、しだいに機能が低下していく

動脈硬化が進行するのです。 
 

食べることで活性酸素が生まれます。

加えて、食生活の西欧化で、脂分の多い食べ物が、消化時間を長引かせ、 

その間発生する活性酸素が、血管内壁を傷めつけるのです。

50歳を過ぎる頃から、老化が加速します。

間食の時間や間食の量に気を配り、血圧・血糖値・コレステロール値をチェックして、 

動脈硬化症を予防しなければならない。

 
食事の間隔は、5時間は空けるようにしましょう。

間食もできるだけ控えることです。

 
規則正しい食習慣が、老化促進の予防になるのです。

人間は血糖値が下がってきたときに空腹感を感じますが、

放っておけばグリコーゲンが糖に変えられて消費されます。

そのグリコーゲンもなくなれば、脂肪が分解されて使われます。

こうなると再び血糖値が上がり、

空腹感は解消してしまいます。

空腹感というものは胃の中にものがあるかないかではなく、血糖値によって脳が判断しています。

したがって、午後の3時くらいにお腹がすいたからといって、

その空腹感をおやつやジュースで補っていては、蓄えられた脂肪が分解される機会が24時間やってきません。

血糖値が下がったときにすぐに糖分を補ってしまっていては、

脂肪が使われることはなく、肥満は改善されません。

よって、どうしてもおやつを食べたいときは間食にするのではなく、食事に添えるようにしましょう。

それも、食後のデザートにするのではなく、食前に食べるのが望ましい

甘いものは食事の量の感覚をマヒさせるので、食後に甘いお菓子を食べるとついつい食べ過ぎになります。

食前に食べれば最初に血糖値が上昇するので、食事を減らすのに役立ちます。