山口県岩国市尾津町1-12-29
074_telephone 0827-34-0303
 
あなたは 3193604 番目の訪問者様です

« | »

どうやったら食欲を抑えられるか

十分な睡眠をとる。

睡眠をとることで、満腹中枢を刺激するレプチンという物質が分泌され食欲が低下するらしいです。

さらにレプチンは脂肪の燃焼にも役立ちます。
夜10時から2時までが、成長ホルモンのでるゴールデンタイムです。

この時間、寝ないと満腹中枢が、ちゃんと働かなくなるそうです。

夜更かしは、太りやすいようです。

日本人は、青い食べ物を見ると食欲が減退します。

どうしても美味しそうには見えないのです。

青い茶碗や青いプレートにする!

青色は食欲を抑えてくれるそうです!

 

何か他に夢中になれるものがあったら気持ちが紛れます。

それでもお腹が空くならをたくさん飲んではどうでしょうか。

食べる前にをたくさん飲むと食欲を抑えることができますよ。

普段からたくさん水やお茶を飲む事を心がけてください。

コーヒーやお茶を飲む

コーヒーやお茶はカフェイン入りの飲み物が含まれていて食欲を抑える働きがあるらしいです

歯磨きをすることです

歯磨きをした直後の口だと食事がおいしく感じられないので、あまりご飯を食べたいって思わなくなります

私たちは、食後に歯を磨くという感覚があるため、

お腹がすいていても、歯を磨いたあとに食事をしようとは中々思いません。

歯磨き粉の感じが口の中にある状態で、食事をしてもあまり美味しいとは感じないですよね?

食事が終わったらすぐに歯磨きをする癖をつければ、

無駄な食事を避けられます。

間食したくなったら歯を磨くのも効果的ですね。

『食事の最初に野菜を食べる』というのは、
食欲を抑える以前に健康法としても“基本”となります。

本来なら食べる順番ダイエットとして以下の順番で食事を完食していくことが理想です。
1. 食物繊維

2. 発酵食品

3.タ ンパク質

4. 炭水化物

 

食物繊維から食べる

炭水化物をいきなり食べると、食後急に血糖値が上がり、脂肪がつきやすくなります。

そして、その反動で今度は逆に血糖値が下がり、満腹感が中々得られません。
食物繊維を食べたあとに炭水化物を摂取することで、血糖値の上昇が緩やかになります。

流行りの『食べ順爆発ダイエット』の方法は、この原理です。

運動をする

運動をする

ウエイトトレーニングや有酸素運動は、一時的に食欲を抑制する効果があるそうです

運動をすると、お腹がすきそうなイメージがありますが、アドレナリンが分泌されて食欲が低下し、

さらに一時的に血糖値が上がるので、食欲が抑えられます。

また、空腹の状態で運動をすると、エネルギーを脂肪から消費しようとするため、脂肪の燃焼に効果的です。

 

よく噛んで食べる

食事をしても食欲が止まらない人というのは、

食事を速く済ませるため、血糖値が十分上がらない状態で満足感を得られないという人が大半です。

ゆっくり咀嚼をして時間をかけて食べることで、満足考えられます。

普段食べるご飯をよくかんで食べると、満腹感が出て食欲も抑えられると思いますよ。

ガムを噛むことで、満腹中枢に働きかけ食欲が低減します。

 噛(か)んだ刺激が脳内の結節乳頭核という部分に届き、ヒスタミンを量産させるのです。

そしてヒスタミンが満腹中枢を刺激することで、満腹感が高まるという仕組みです。

さらにうれしいことには、脳内のヒスタミンは内臓脂肪も減少させることもわかってきました。

ヒスタミンの原料になるのが、アミノ酸の一種である「ヒスチジン」です。

ヒスチジンは血液脳関門を通過することができ、脳内でヒスタミンに変わるのです。

ヒスチジンが多く含まれている食材は、まぐろ、かつお、ぶり、さば、さんま、などの青魚です。