山口県岩国市尾津町1-12-29
074_telephone 0827-34-0303
 
あなたは 3406263 番目の訪問者様です

« | »

どうして年を取ると太るのか

人は、何もしていなくても、生きているだけでカロリーを消費しています。

呼吸をしたり、内臓を動かしたりと、生命活動を維持するためにエネルギーが必要なのです。

この、生きていくうえでの最低限必要な1日のカロリー消費量のことを『基礎代謝』といいます。
 

筋肉で35~40%、肝臓12%、胃腸8%、腎臓7%

というようにエネルギーが消費されています。

成人男性の基礎代謝は1日1600kcal前後。

実生活では、この基礎代謝量に

「話す」「歩く」「仕事をする」といった活動で消費されるカロリー(運動誘発性体熱産生)と

食事をすることで消費されるカロリー(食事誘発性体熱産生)がプラスされます。

これらのカロリーの総量が1日の消費カロリーとなり、

基礎代謝量はそのうちの60%~70%を占めます。

年を重ねるにつれて太ってしまうのは、この「基礎代謝の減少」が主な原因です。

基礎代謝は成長期を過ぎたあたりから減少が始まります。

基礎代謝量は、

男女とも10代をピークに年齢とともにその量は減少していき、

40代を過ぎると急激に低下します。

男女とも20代に比べて40代は、

1日あたりの消費カロリー200~400キロカロリーも低くなります

基礎代謝が1割減ると1日160kcal落ちるので、食事をその分減らさないと、

余ったエネルギーは体脂肪となり、たまっていきます。

30代、40代になって太るのは、基礎代謝が落ちているのに、

食べる量が変わらないからなのです。

すなわち、体脂肪率が高く「肥満」および「かくれ肥満」の方は、

基礎代謝が少ないために太りやすい体質になるために、摂取カロリーに注意が必要です。

年齢とともに基礎代謝が落ちるのは、筋肉の量や活性が落ちていく為です。

筋肉は身体を動かしていないときも、1日中エネルギーを消費して熱を作り出します。

これが基礎代謝の「体温維持」に役立っています。

筋肉が減ると見事なまでに基礎代謝量は減ってしまい、

1日のエネルギー消費量も少なくなります。

だからこそ、基礎代謝の減少を食い止め、太りにくい体を作るには、

筋肉を衰えさせないよう鍛えることが大切です

そのためには、基礎代謝アップに効果的な腹筋運動や腕立て伏せ、ダンベル体操などの

筋力トレーニングや運動を定期的にを行うことが必要です。


やり方によっては若い体を上回る基礎代謝量を手に入れることも不可能ではありません。

鶏ささみなどタンパク質の多い食事をとって運動し、筋肉量を増やし、

脂肪が燃焼しやすい体を目指しましょう。

基礎代謝が高まれば、消費エネルギーが大きくなりやすいという事ですから、

摂取エネルギーよりも消費エネルギーの方が高い(大きい)という状態になりやすいわけです。  

これが、基礎代謝が高いほど太りにくいと言われている理由です。

さらに、運動には脂肪分解を促す作用などがある成長ホルモンを増やす効果もあるので、

直接の解決が難しい「細胞活性の低下」にブレーキをかける効果も期待できます。

つまり、体を保つための運動をきちんと行ってさえいれば、

中年太りを防止することはそれほど難しくないということです。

運動することによって筋肉量を増やし体脂肪を減らすと、

カロリーを消費しやすい身体(基礎代謝が上がります)になるため、太りにくくなります。

 

リパーゼ
 

成長ホルモンの分泌が盛んな20代前半までは、脂肪を分解する酵素であるホルモン感受性リパーゼは、

活発に働いているので、若い頃はたくさん食べても太りにくく、

たとえ体重が増えても全身にバランスよく脂肪がつきます。
 

しかし、年をとって成長ホルモンの分泌量が低下すると、自動的にリパーゼの活性度が低下し、

内臓に脂肪が蓄積されやすくなります。

そのため、成長ホルモンの分泌量が急激に低下する30代になって太り始めると、

お腹だけがポコンと出てくるようになるのです。