山口県岩国市尾津町1-12-29
074_telephone 0827-34-0303
 
あなたは 3409556 番目の訪問者様です

« | »

大腸ポリープの原因

大腸ポリープは、およそ40歳代から増えはじめ、年齢が上がるほどできやすくなります。

自覚症状がないため気づかない人が多いのですが、

60歳代になると2人に1人がポリープを持っているとも言われています。

また、女性に比べて男性に多くみられることも特徴です。

日本では、 大腸ポリープも大腸癌(がん)もこの20年間で増加の一途をたどっています。

ついに女性では結腸癌、直腸癌をあわせると癌死亡の第1位になりました。
 

これは、日本人の食生活が欧米化、つまり動物性脂肪の摂取量が増加し、

植物繊維の摂取量が減少したことが原因ではないかと考えられています。

大腸ポリープの直接的な発症原因については、わかっていませんが、

遺伝子の異常や個人個人の食生活やライフスタイル、加齢などと関係していて、

特に、食生活の欧米化によって腸内の環境が悪くなっている人ほど、大腸ポリープは出来やすくなります。

肉食を減らし食物繊維を できるだけ食べるようにすると

ポリープが大きくなることや癌化することが予防できるといわれています。
 

また、腸内環境を常に整えておくことも大切です。

腸内細菌叢が乱れることにより体の免疫力は低下し、

がんやポリープの発生・増大を助長すると言われているのです。

大腸憩室をお持ちの方や 便秘・下痢を繰り返すような症状の方、ストレスをため込むような方は要注意です。

大腸ポリープは大腸粘膜の表面の細胞が異常に増殖してできるものです。

大腸ポリープができるおもな原因として遺伝子の異常があります。

遺伝子の異常は先天的なものと後天的なものがあり、

先天的なものは家族的に発生するタイプのもので血縁者に大腸ポリープや大腸がんが見られ、

遺伝子の異常が遺伝した場合に発生します。

図に示すように、正常の細胞から腺腫が発生し、さらにがんへと発育進展していくのに

APC遺伝子、K-ras遺伝子、P53遺伝子などの異常が関与しています。

まずAPC遺伝子が変化すると正常細胞から小さなポリープができます。

これが「最初の出来事」なのです。

ついでRAS遺伝子が変化するとポリープが大ききなります。

最後の決定的変はP53の変化です。

これによりポリープはガンに変わり「転移」します
 

後天的遺伝子異常

食事、お酒の中にある有害物(発ガン物質)や放射線によってにより遺伝子に傷ができます。

遺伝子に傷がつくと細胞の設計図がおかしくなり細胞も変化してしまいます。

大腸ガンの発ガン物質としてもっとも重要なのは「肉食

世界でもっとも多く肉を食べる世界最大の牧畜国ニュージーランドは

世界でもっとも大腸ガンの多い国となっています 。

遺伝子の異常の程度によって発生するポリープの数、形、部位に違いがみられます。
 

一般にポリープが多発する場合には遺伝子の異常が高度であると考えてよいようです。

 
家族性大腸腺腫症という病気があります。

これは大腸ポリープが家族的に多発し

若年のうちに大腸がんが発生する明らかな遺伝子異常を伴った遺伝病です。