山口県岩国市尾津町1-12-29
074_telephone 0827-34-0303
 
あなたは 3441327 番目の訪問者様です

« | »

食道静脈瘤

   shikkan17_1 002 b5ce8702fc7ca6966616f5969b665b2ek053Slide01  Slide02002843-img_03_00_tcm14-100540 cate0301_kankouhen kan123

 食道静脈瘤とは、肝硬変かんこうへんや慢性肝炎、あるいは門脈もんみゃくや肝静脈の狭窄きょうさく・閉鎖によって門脈圧が上昇し、

その結果、食道の粘膜下層の静脈が太くなって、さらには破裂するものです。

その結果、吐血や下血が起こります。

肝硬変の死亡原因の主要なもののひとつで、緊急治療を要する恐ろしい病気です。


 


原因

monmyaku1210112021_1portal_h1

 

胃や腸の血液は集って門脈へ流れ込み、これが肝臓を通って心臓へもどります。

腸で吸収した栄養物を肝臓で処理して自分の体で使えるものに変えています。

胃や腸の血液は肝臓を通る必要があるのですが、肝硬変や慢性肝炎では血液が通りにくくなります。

門脈や肝静脈の狭窄・閉塞でも、同様に門脈に血液が停滞して門脈圧が亢進してきます。

そうすると血液は別の道を通って心臓にもどろうとします。

その道のひとつが食道や胃の粘膜下層の静脈で、

だんだんと太くなって食道静脈瘤や胃静脈瘤となるわけです。

毎日食物が通る道でもあり、静脈瘤が高度になると破裂して出血することになります。


症状の現れ方

 

 食道静脈瘤も胃静脈瘤も、それ自体は痛くもかゆくもありません。

肝炎や肝硬変になっても、気がつかずに経過している人も多数います。

突然吐血して初めて気づくことになります。

時にはタール便が続いて出血に気づくこともあります。


検査と診断

判定因子 記号 細分
1 占拠部位 L Ls 上部食道まで認める静脈瘤
Lm 中部食道まで認める静脈瘤
Li 下部食道まで認める静脈瘤
Lg 胃静脈瘤 Lg-c:噴門輪に近接する静脈瘤
Lg-f:噴門輪より離れて孤在する静脈瘤
2 形態 F F0 静脈瘤として認めないもの
F1 直線的な細い静脈瘤
F2 連珠状の中等度の静脈瘤
F3 結節状あるいは腫瘤状の太い静脈瘤
3 基本色調 C Cw 白色静脈瘤
Cb 青色静脈瘤
4 発赤所見 RC RC(-) 発赤所見をまったく認めない
RC(+) 発赤所見を限局性に少数認める
RC(2+) RC(2+)と(3+)の間
RC(3+) 発赤所見を全周性に多数認める
5 出血所見 出血中の所見 噴出性出血
にじみ出る出血
止血後の所見 赤色栓
白色栓
6 粘膜所見 E びらん
Ul 潰瘍
S 瘢痕

 診断の第一は内視鏡検査です。

食道静脈瘤の存在の有無、存在した場合はどのような形態の静脈瘤がどの位置にあり、

色調は白いか青いか、また赤色所見があるかどうか、などをみることができます。

また、出血例では出血源が確かに食道静脈瘤からで、胃潰瘍などからではないことも確認できます。

その他、超音波検査(エコー検査)、CT、超音波内視鏡、血液検査なども行われます。


治療の方法

 食道静脈瘤が破裂して吐血している時は、まず点滴で輸液・輸血を行います。

出血が著しい場合は、

ゼレグスターケンブレイクモアチューブを挿入して風船をふくらませて圧迫止血をします。

tube_Sengstaken-Blakemore

循環動態が落ち着いていて出血がそれほどでもない場合は、

緊急内視鏡を行って診断とともに内視鏡治療を行います。

 

内視鏡治療には、内視鏡的硬化療法(EIS)と内視鏡的静脈瘤結紮けっさつ術(EVL)があります。

EISは静脈瘤に内視鏡を使って針を刺し、硬化剤を注入して静脈瘤を閉塞させる方法です。

120703_4_2_okadak057

EVLは内視鏡的に静脈瘤を輪ゴムで結紮して壊死えし脱落させる方法です。何回か治療することが必要です。

pic_detail01

 

静脈瘤を吸引する
リング(ゴム輪)を押しだし
静脈瘤を縛る
あとは壊死して脱落を待つ

そのほか、血管内にカテーテルを挿入して治療する方法も行われます。


病気に気づいたらどうする

血液検査などでウイルス性肝炎の既往や肝機能異常が発見されたら、

内視鏡検査を受ける必要があります。

出血の危険性が高ければ内視鏡的治療を受けることをすすめます。