山口県岩国市尾津町1-12-29
074_telephone 0827-34-0303
 
あなたは 3445702 番目の訪問者様です

« | »

アルコールは脂肪を作るのか?

s_008h

実はアルコール自体には肝毒性はありません。

アルコールが肝臓で分解されるとアセトアルデヒドというものが発生します。
これが有毒性があり、肝臓のミトコンドリアを傷つけるのです。

ミトコンドリアが傷つくと、脂肪の合成を進める酵素=VLDL(超低比重リポ蛋白)

というものを発生させ脂肪をより多く作るようになります。
このため脂肪酸分解が障害され、クエン酸回路の活性が抑制され,
肝細胞内に脂肪酸の蓄積が起こります。

空腹時や運動時に飲酒するとアセトアルデヒドの分解が滞り、アセトアルデヒド濃度が高まります。

その為、空腹時などに飲酒すると、早く酔い、長く酔っていることが多くなります。

よってアルコールの多飲が続くと、肝臓の脂質代謝が障害され、
主に、食事由来の脂肪酸から合成された中性脂肪が、

代謝されず肝細胞内にたまっていきます。
 
 肝臓に貯まった脂肪が血液に流れ出すと、中性脂肪が多くなり、
その結果、内臓脂肪が貯まりやすくなります。

また、アルコールには内臓脂肪を増やす働きのある「コルチゾール」というホルモンを分泌させるので、

飲み過ぎるとお腹がポッコリ出た、メタボ腹になってしまいます。

 

米や麦などの穀類からできているお酒(つまり、日本酒やビール)は、糖質を含んでいます。

その糖質が、肝臓で脂質と一緒になり、脂肪に変わってしまいます。
糖質の多いお酒を飲むと、体内でブドウ糖が増え、その結果、「インスリン」というホルモンがたくさん分泌されます。
このインスリンが、脂肪に変わりやすくなるのです。

糖質ゼロ発泡酒

最近、「カロリーゼロ」「糖質ゼロ」というお酒が人気です。
内臓脂肪が、糖質やカロリーの摂り過ぎが原因なので、これらの「ゼロ」お酒を飲んだら、大丈夫なんじゃないか。
確かに、普通のビールやお酒と比べると、糖質やカロリーが低いので、どうせ飲むなら、これらのお酒がオススメです。

ちなみに、キリンで人気の発泡酒を比べてみると、

 

麒麟淡麗<生> 
糖質3.4g カロリー45kcal
(いずれも100mlあたり)
キリンゼロ<生>
糖質0g カロリー19kcal
(いずれも100mlあたり)

となっています。

キリンゼロ<生>は、なんと糖質0です。
カロリーも普通の発泡酒に比べて、とても低い。

しかし、そうはいってもアルコールの中にはカロリーが含まれます。
また、アルコールそのものが、中性脂肪を作る原因になりますので、糖質ゼロのお酒は、普通のお酒に比べて良いというだけで、

飲み過ぎると内臓脂肪が貯まってしまいますので、やはり「適量」を守るというのが、鉄則でしょう。

 

ダイエットに適しているのは、焼酎などの蒸留酒

焼酎

お酒には「蒸留酒」と「醸造酒」の2種類があります。
ダイエットに適しているのは、「蒸留酒」です。

蒸留酒とは、純粋なアルコールのことで、焼酎、ウォッカ、ウイスキーなどです。
醸造酒というのは、純粋なアルコールと糖分が含まれたお酒で、ビール、日本酒、ワインなどです。
焼酎とビールは、同じくらいのカロリーですが、焼酎には糖分が含まれていないので、中性脂肪が作られにくいという性質を持っています。

また、焼酎の方がアルコール度数が強いので、そんなにガブガブ飲めません。
糖質ゼロの発泡酒なんかは、アルコール度数が低いので、ついつい飲み過ぎてしまうこともあります。

・缶ビール1本(350ml)…約140kcal

・中ジョッキビール1杯(500ml)……約210kcal

・乙類焼酎1合(180ml)…約260kcal

・ウイスキーシングル(30ml)…約70kcal

・ワイン1杯(120ml)…約85kcal

 

※ 参照『五訂日本食品標準成分表2010』

 

お酒のカロリーは、含まれるアルコールの割合に左右されます。
アルコールは1gあたり7kcalなので、炭水化物やたんぱく質(共に1gあたり4kcal)よりずっと高カロリー。
基本的にはアルコール度数の高いお酒は、カロリーも高くなる計算になります。

 

また、飲む全量がどれくらいになるのかも大きなポイント。

少しずつ飲めるワインや焼酎のほうが、トータルのカロリーが低く抑えられる場合もあるでしょう。
その性質上「一回の飲み会あたりのカロリー」としては、ビールが他のお酒よりもカロリー過多になりすぎる傾向にあると言えそうです。
ビール・発泡酒・新ジャンルなどの区別によるカロリーの差は基本的にありません。
アルコールが低いものは低カロリーで、アルコール度数が高いものはカロリーが高め。
また、飲んだときのコクを重視してつくられたしっかりした味わいのビールは、カロリーも高めです。

 

アルコールはエンプティカロリー?

 

アルコールのカロリーは血行の促進や体熱の上昇などに多く消費されるため、
パンや米などの炭水化物のカロリーと比較して、グリコーゲンや脂肪となって身体に蓄えられることは少ないといわれています。
ビールには胃液の分泌促進作用があり、このため食欲が増進して、ついつい食べ過ぎになります。
その結果太ることはあります(アサヒビールホームページより引用)……
「アルコールは三大栄養素(たんぱく質、炭水化物、脂質)と異なり、体の栄養にはならないとともに、


カロリーに関しても70%程度しか代謝されないのではないか」という研究結果があるようです。

 

ビールのカロリー表

 

以下の%数値はアルコール度数、カロリーは100mlあたりのメーカー算定値です。
( )内表記は缶350mlあたりのカロリーです。

□キリン
キリン一番搾り生ビール…… 5% 41 kcal(144 kcal)
キリン秋味…… 6% 49 kcal(172 kcal)
ハートランドビール…… 5% 40 kcal(132 kcal)

 

□アサヒ
アサヒスーパードライ……5% 42kcal(147kcal)
アサヒ黒生……5% 47kcal(165kcal)

 

□サッポロ
サッポロ生ビール黒ラベル…… 5% 40kcal (132 kcal)
ヱビスビール…… 5% 42kcal(147kcal)
サッポロ 冬物語 …… 5.5% 44kcal (154 kcal)

 

□サントリー
ザ・プレミアム・モルツ…… 5.5% 47kcal (165kcal)
モルツ 麦芽、ホップ…… 5% 42kcal(147kcal)

 

発泡酒

 

以下の%数値はアルコール度数、カロリーは100mlあたりのメーカー算定値です。
( )内表記は缶350mlあたりのカロリーです。

 

□キリン
淡麗グリーンラベル…… 4.5% 29 kcal(102 kcal)
以下の%数値はアルコール度数、カロリーは100mlあたりのメーカー算定値です。( )内表記は缶350mlあたりのカロリーです。

 

■キリン
キリン フリー0.00%……16 kcal(56 kcal)
キリン 休む日のAlc.0.00%……0.00% 18kcal(63 kcal)

 

■サッポロ
サッポロスーパークリア……0.00% 8kcal(28kcal)

■サントリー
ファインゼロ……0% 16kcal (56kcal)
オールフリー……0% 0kcal
ちなみにアルコール1gを燃焼させると約7kcalのエネルギーを発生すると言われてます。
ただ、実際に吸収され、体内に取り込まれたアルコールすべてがエネルギー源として利用されるわけではありません。
いわゆる「エンプティーカロリー」というのがあるのです。

 

ただ、少量の飲酒量であれば、1gを7kcalで計算してもOKですが、
飲酒量が増えるとエネルギー効率が悪くなると言われているようです。

 

☆飲んでも太りにくいお酒

 

1.焼酎
焼酎などの蒸留酒には、糖質などが含まれていないため、ビールなどの醸造酒に比べると太りにくいとされています。

 

2.ウイスキー・ブランデー
焼酎と同様の理由で、太りにくいと言われています。

また、ウイスキー・ブランデーの香りには、脂肪代謝を促すホルモンが増やす働きがあると言われており、
醸造酒にある食欲増進効果がないとされています。

 

3.ウォッカ・ジン・テキーラ・ラムなど
これらの蒸留酒も、同様に太りにくいとされています。
★飲むと太りやすいお酒

 

1.ビール
ビールなどの醸造酒には、アルコール以外に糖質、たんぱく質が含まれており、焼酎などの蒸留酒に比べると太りやすいと言われています。

また、炭酸ガスや苦味のあるホップ成分に食欲増進効果があると言われているため、より太りやすいお酒だと言えます。
2.日本酒
日本酒はお酒の中でも糖質の量が最も多く、太りやすいお酒だとされています。

 

3.ワイン
ワインも日本酒と同様です。

まお、甘口のワインの残糖は、辛口の10倍ともされていますので、より太りやすいお酒だと言えます。

 

4.梅酒、サワー、カクテル
果汁や砂糖シロップを加えていたりするものは、糖質が加わっているため太りやすいお酒だと言えます。

 

ビール、日本酒、ワインなどの醸造酒ではエネルギー量が多く、

 

焼酎、ウイスキー、ブランディなどの蒸留酒は、ほぼアルコール20gと同量のエネルギー量です。
醸造酒にはアルコール以外に糖質、たんぱく質が含まれていますが、蒸留酒にはアルコール以外にエネルギーとなるものが含まれていないからです。
したがって、適量とされるアルコール量20gに相当する量のアルコール飲料ではビール、日本酒、ワインの醸造酒が
焼酎やウイスキー、ブランディの蒸留酒に比べエネルギー量が多くなるので太りやすくなるといえます。

 

 

ダイエット中に飲むなら蒸留酒
ビールや日本酒、ワインなどの、醸造酒やカクテル、梅酒などは糖質を含むため太りやすく、内蔵脂肪を増やす原因となります。
いわゆるビール腹を作る元。特に糖分が豊富なカクテルや梅酒などは、甘いので、ついつい飲み過ぎてしまいがちです。

一方、焼酎やウイスキー、ウォッカなどの蒸留酒は、アルコール以外のカロリーが含まれないので、
蒸留酒だけを飲む分にはカロリーゼロ。これだけを飲んでいて太ることはありませんし、
蒸留酒の場合、お水で割って飲むと、アルコール度数も抑えられるという利点もあります。

 

「アルコールでは太らない」は誤解

アルコールが原因となる肝臓障害のなかで、もっとも多いのが「脂肪肝」です。
肝臓には通常でも細胞の10%程度に中性脂肪が貯蔵されていますが、それが30%以上になった状態が脂肪肝です。
アルコールをとりすぎると、脂肪酸から中性脂肪が大量に合成されて肝臓の細胞に蓄積されるため、脂肪肝が起こりやすくなります。
余分な中性脂肪はさらに血液中にも流れ込み、高脂血症や動脈硬化の原因ともなります。
よく「アルコールはエンプティ・カロリーなので太らない」と思っている人がいますが、それは誤解です。
中性脂肪を合成するため、たとえ体重が増えなくても、内臓脂肪型の肥満の原因となるのです。