山口県岩国市尾津町1-12-29
074_telephone 0827-34-0303
 
あなたは 3445702 番目の訪問者様です

« | »

チョコレートと健康

 
チョコレートもココアも全て同じカカオ豆からつくられますが、それぞれ製法が異なります。

ちなみに、ココアを発明したのは、いまもココアの代名詞になっているオランダのクンラート・バンホーテン。

固形チョコを初めて製造したのはイギリスのフライ社。

いずれも19世紀のことで、紀元前から続くチョコレートをめぐる歴史の中では、まだ日が浅いといえます。

 

■ チョコレートの健康パワーは、カカオ・ポリフェノールにあり!

古くからチョコレートが健康にいいと言われる最大の理由はポリフェノールの一種、カカオ・ポリフェノールが含まれているからです。

この成分は赤ワインや緑茶でもおなじみですが、チョコレートの含有量は、赤ワインの2倍以上です。

ポリフェノールには、がんや動脈硬化などの病気の原因を引き起こす活性酸素の働きを抑え、血中の悪玉コレステロールや酸化を防ぐ抗酸化作用があります。

この他、ココアは胃かいようや胃がんとの関連が深いピロリ菌や重い食中毒で知られる病原性大腸菌O-157が増えるのをおさえるなど、細菌の感染に効果があります。

アレルギーの予防、ストレス、美容界ではエイジングケアへの効果も注目されています。

 

チョコレートと健康 チョコレートと健康

■ 甘い香りは集中力・記憶力、そしてリラックス感をアップします

 

チョコレートの甘い香りには、集中力や記憶力を高める効果があることが最近の研究で明らかになっています。

また、テオプロミンという成分が、神経を鎮静させる作用があり、リラックス効果もあることが分かりました。

ヨーロッパなどでは眠る前にチョコレート食べることもあるそうです。

 

■ ミネラル、食物繊維が豊富な女性をきれいにする美容食

 

チョコレートの原料であるカカオ豆にはカルシウム、鉄分、マグネシウム、亜鉛などのミネラルがバランスよく含まれています。

特に女性に不足しがちと言われている鉄分を、おやつにチョコレートを食べることで補うことができます。

とくに注目したいのはカルシウムとマグネシウムのバランスがよい ことです。

一般にマグネシウム不足は心臓病の危険を増すことが知られています

 

食物繊維の宝庫でもあり、1枚の板チョコには約2gの食物繊維が含まれています。

便通を改善し、血圧上昇を抑える効果も。

栄養価が高く腹持ちもいいので、上手に食べればダイエットにも一役買ってくれそうです。

 

■ 意外にもチョコレートには虫歯を防ぐ効果があります

ウーロン茶や緑茶に虫歯予防成分が含まれていることは知られていますが、

チョコレートの成分であるカカオパウダー(カカオ豆を炒って磨り潰したもの)には、それ以上の効果があると言われています。

カカオパウダーには抗菌作用にとどまらず歯垢をできにくくする働きもあり、虫歯予防と虫歯の進行を抑えてくれる効果があることも明らかにされています。

 

菌の抑制効果という点では、カカオ成分には虫歯の原因菌となるソブリナス菌を抑える働きがあることも歯科医師の研究で分かりました。

チョコレートに含まれるポリフェノール中には「エピカテキン」という成分が入っており、近年の研究で、このエピカテキンには血圧抑制効果を期待できるということがわかってきました。

エピカテキンは小腸で吸収されますが、その後血液中に流れ出し、 血管の内部に炎症が生じている場合には、血管内部の細胞に浸透すると血流が活性化され、血行がよくなるそうです。

 

 

今まで、チョコレートやココアに含まれるカカオポリフェノールは、活性酸素を抑える働きがあることが知られ、生活習慣病に有効であるとの多くの報告がありました。

コレステロール値の改善、血圧低下および血管内皮機能の改善、心疾患リスクの低減、

インスリン抵抗性の改善 といった多岐にわたる臨床試験結果が得られていますが、日本人でのデータは限定的といわざるえない状態でした。

 

生活習慣病の改善に資するもので、血圧低下やHDL(善玉)コレステロール値上昇などの効果を確認、さらに、精神的にも肉体的にも活動的になることもわかりました。

 

善玉コレステロールの増加と、 強力な酸化抑制効果

 

血液中には、「LDLコレステロール」と「HDLコレステロール」があります。

LDLは「悪玉コレステロール」ともいわれますが、肝臓から体の中の様々な器官にコレステロールを運ぶ機能を持っています。

これに対しHDLは、「善玉コレステロール」と呼ばれますが、体の中の過剰なコレステロールを回収して肝臓に戻すはたらきがあります。

実はこのコレステロールのバランスで、血管が詰まりやすくなったりすることが知られています。 血管を健康に保つためには、以下の3点がポイントになっています。

  1. 1)LDLコレステロールを増やさない
  2. 2)HDLコレステロールを増やす
  3. 3)LDLコレステロールの酸化を抑制する

LDLコレステロールが増え、HDLコレステロールが少ないと、体内にLDLコレステロールが必要以上に溜まってしまいます。

そして、このLDLコレステロールが酸化すると、体内の掃除をする白血球の1種「マクロファージ」が食べてしまいます。

マクロファージが食べてしまうことで、泡沫(ほうまつ)細胞というものが生まれて、血管の内皮に溜まり、血管が細くなるのです。

カカオポリフェノールには、強力な酸化抑制効果があります。

チョコレートを食べることで、HDLコレステロールが増加するだけでなく、LDLコレステロールの酸化も抑制すると考えらえるのです。

 

 

 抗酸化作用がある

人間の体をサビつかせる活性酸素と闘う抗酸化物質(スカベンジャー)には、 水溶性のビタミンC、脂溶性のβカロチン・ビタミンE・ゴマリグナン・リコピン、両溶性(どちらにも溶ける)ポリフェノール類などがある。

赤ワインやお茶などと並んでカカオにも豊富なポリフェノールが含まれており、すぐれた抗酸化効果を期待できる。

 

がんの発生を抑制する効果がある

チョコレートをたくさん食べる国では胃がん死亡者が少ないというものだ。

例えば、一人当たりの年間消費量が最も多いスイスと日本を比較してみると、 スイスのチョコレートの消費量は日本の約6倍、胃がんによる死亡者数は約4分の1となっている。

 

 

 

 

■チョコレート(カカオ)がもたらす効果

 

チョコレートは高カロリーですが、チョコレートには脂肪分解のはたらきもあるんです。

 

ポリフェノールやフラボノールにより、美容と健康にも効果的。便通の改善、ストレス緩和による肌アレ予防、ビタミンやミネラルによる美肌効果も。


ダークチョコレートに含まれるフラボノールは、日焼けによるやけどや赤みからお肌を守ってくれることが臨床実験でも立証されている。

カカオはストレスホルモンを減らす作用があり、お肌の大敵である心のストレスを緩和してくれる。

ポリフェノールの殺菌作用により、睡眠不足やストレスからくるニキビ・肌荒れも抑えることができます。

1日約20gのチョコレートで動脈硬化による心臓病リスクを回避!

日常的に板チョコ約20gを摂ることで心臓病リスクが減る チョコレートに含まれるカカオ・ポリフェノールにはさまざまな効能がありますが、代表的なのがLDLコレステロールが活性酸素によって悪玉化して動脈硬化を引き起こすのを防ぐ力です。また、血管を拡げる作用もあるので、高血圧や冷え性、血栓の予防にもなります。

摂取量としては、日常的にチョコレートを20gほどで摂るだけで効果が違ってくるようです。 つまり薄い板チョコなら1列ほど食べれば心臓病リスクが減るというわけです。

カカオ豆に含まれるカカオバターの脂肪分は吸収率が低く、体脂肪になりくいことが実証されています。

必要以上に食べるのでない限り、チョコレートに含まれている抗酸化物質を摂るほうが身体の老化防止によいという説もあります。