山口県岩国市尾津町1-12-29
074_telephone 0827-34-0303
 
あなたは 3098106 番目の訪問者様です

« | »

ココアの効能

220120608161016

<ピュアココア100g中の成分表>

●エネルギー277kcal  

●ナトリウム16mg

●カリウム2800mg

●ビタミンB10.16mg

●鉄14mg

●ビタミンB20.22mg

●カルシウム140mg

●食物繊維総量23.9g

更に

テオブロミン、

カフェイン、

ポリフェノール、

亜鉛 、

銅 、

マグネシウム

なども含まれています

紅茶やコーヒーといった他の嗜好飲料に比べ、ポリフェノールを豊富に含むココア。

ポリフェノールには抗酸化作用があります。

▼ココアの健康効果

①リラックス効果

 pump054

ココアに含まれる香り成分と、体を温める働きなどにより、深くリラックスすることが出来るようです。

香りを嗅ぐだけでもリラックス出来ます。

含まれているテオブロミンという成分は、脳内物質のセロトニンに働きかけてリラックスさせる作用があります

カカオに含まれるカカオポリフェノールにはストレスをやわらげるリラックス効果があります

②便秘の解消

 

ココアには食物繊維が豊富に含まれており、それにより便秘を改善してくれます。

ココアにもリグニンという不溶性の食物繊維が含まれており、便のかさを増やして腸に刺激を与える効果があると言われている

同時に、リグニンはポリフェノールの働きで、腸内の善玉菌を増やしてくれます

腸内環境が改善されます。

1杯のココアで、トマトジュースの2~3倍もの食物繊維が摂取でき、便秘解消に効果的。

③更に、便臭もなくなるというデータが

腸内で生成されたニオイ成分をココアに含まれるリグニンが吸収して、便とともに腸内から排出します

リグニンは善玉菌を活性化させる作用があるのです。

そのためリグニンが腸内に入ることにより、善玉菌が優勢になり、においの成分が出ることを抑えます

④冷え性改善効果

 

ココアにはショウガよりも冷えを改善する効果があるとされています。

保温効果が持続します。

アイスドリンクを飲むと体表面の体温は低下します。

しかしココアはその低下の程度が小さく、あまり体を冷やさずに冷たい飲料を摂取できるということが判明しました

冷やして飲んでも体を冷やさないということが明らかになっています。

⑤風邪予防効果

ココアは免疫を高め、風邪を予防するということが分かっています。

ココアは、培養細胞を用いた実験でインフルエンザウイルスに対して強い感染阻害効果を有していることが明らかとなりました

NK細胞の活性は、どちらのグループでも上がったのですが、ココアを飲んだグループの方が上昇程度が高くなりました

NK細胞とは一番強い免疫細胞のことです。

ココアを飲むことによって獲得免疫(中和抗体価)だけでなく自然免疫(NK活性)も増強するので、インフルエンザウイルス感染に対してより高い予防効果が期待できます

⑥心臓への効果・動脈硬化予防

 shinzou_4

心臓血管系への健康効果が示唆されています。

ココアの長期摂取は循環器系に有益な健康の影響を与えるが、これは純粋なココアとブラックチョコレートを示います

ミルクや砂糖が沢山入っているものはあまりその効果を期待することが出来ません。

ココアやチョコレートはプロシアニディンなどのポリフェノールを豊富に含んでいます。

ココアの摂取により血管の機能がよくなることが示されています

血管の機能が良好になります。

循環器病との関係については、ココアやチョコレートをよく食べる人は循環器病の死亡率が低いです

⑦認知症予防

 

認知症を予防するというデータもあります。

フラバノール含有量が「多い」または「普通」のココアを飲んだグループでは、

視覚的な刺激と運動機能を関連付ける能力、ワーキングメモリ、作業切り替え、言語記憶が著しく向上していました

記憶力が向上します。

フラバノール含有量が「多い」ココアを飲んだグループでは、

「少ない」ココアを飲んだグループと比較して、全般的な認知能力が著しく向上していました

脳細胞の細胞死を抑制します。

⑧胃への健康効果

 

胃の健康を守るという効果があることが分かっています。

ココア特有の遊離脂肪酸「カカオFFA(Free Fatty Acid)

には、胃潰瘍の原因である「ピロリ菌」の殺菌効果があります

ココアはポリフェノールが豊富で、胃炎、胃潰瘍の原因となるピロリ菌を除去する効果が期待できます

カカオマスを含むコーヒーなどでもココアに似た殺菌効果がありますが、ココアのほうが効果は高く、実に3倍以上になります。

緑茶、ウーロン茶、紅茶などにはピロリ菌の除菌効果はありませんでした。

⑨癌予防

癌の予防効果についても有効性が示唆されています。

試験管内に変異原物質と同時にカカオ・ポリフェノールを加えたところ、細胞DNAの突然変異が抑制されることが確かめられました。

癌細胞が生まれるのを防ぎます。

これまでの疫学研究や臨床試験では、高血圧症の改善、心血管疾患(動脈硬化性疾患)リスクの低減、抗がん作用などが報告されています

⑩美肌効果・アンチエイジング効果

 201386099954

美しい肌を保つ効果があることが分かっています。

ココアを摂取すると炎症物質のNOの産生が抑制される

肌の炎症を抑制します。

肌の老化を促進させる活性性酸素を除去する効果が、ココアのポリフェノールに含まれている

ココアを飲むことで血流がよくなり、体の表面温度が上昇して肌の新陳代謝を促進させる

ココアには、アンチエイジングにいい抗酸化作用があるので、老化の原因になるといわれる活性酸素を抑える働きがある

⑪貧血改善

ココアにはが豊富に含まれており、それにより貧血の予防、改善に効果を発揮します。

ココアはミネラルが豊富なため、特に鉄分が多く、貧血気味の人や生理のある女性が飲むと鉄分が補給されるのでいい