山口県岩国市尾津町1-12-29
074_telephone 0827-34-0303
 
あなたは 3628530 番目の訪問者様です

« | »

胆のうポリープ

img05胆のうポリープ3147026 ans-269945132

胆嚢の内膜にできる粘膜の盛り上がりを胆嚢ポリープと言います。

健診や人間ドックでの超音波検査の普及に伴い発見率は高まっており、その頻度は5~10パーセントです。

ただ、約95%は胆汁に含まれるコレステロールで作られる「コレステロールポリープ」と呼ばれ、がん化することはありません。

しかし、大きくなるとがんの可能性が高くなるので注意が必要です。

胆嚢ポリープには、腫瘍性のポリープと非腫瘍性のポリープがあります。

腫瘍性のポリープは、胆嚢の内膜の粘膜細胞が増殖してできます。

良性(線腫せんしゅ)と悪性(がん)がありますが、これらができる原因はわかっていません。

一方、非腫瘍性のポリープにはコレステロールポリープなどがあります。

胆汁中のコレステロールエステルが胆のう粘膜に沈着してできますが、

血中や胆汁中のコレステロール濃度とはあまり関連がないとされています。

コレステロールポリープが、がんになることはまずありません。

 

胆嚢ポリープは、ほとんどの場合、症状が現れることはありません。

ただし、腫瘍性のポリープでがん化して大きくなった場合には、

鈍痛や体重減少など胆嚢がんの症状が出ることがあります。

 

腹部超音波検査で、ポリープの大きさや数、形を調べます。

ポリープの大きさが10ミリメートル以下で数が多い場合には、コレステロールポリープの可能性が高くなります。

反対に、大きさが10ミリメートル以上で、ポリープの茎が太く、盛り上がりの少ない形はがんの疑いがあります。

精密検査としては、造影CTや超音波内視鏡検査を行います。

胆嚢内の組織検査については極めて難しく、一般的には行われていないのが現状です。

5ミリメートル以下の胆嚢ポリープは1年ごと、6~10ミリメートルの胆嚢ポリープは6カ月ごとに超音波検査を行って、

大きくなっていないかなど、がん化の兆候を定期的に確認します。

10ミリメートルを超えるものは、超音波内視鏡などで精密検査を行います。

10 mm 以下の胆のうポリープが大きくなる人の割合は、5 年間で3%程度といわれており、

良性のコレステロールポリープでも大きくなることがあります。

10 mm を超えるものは、悪性が否定できないときは胆のう摘出術を行います。

大きさが10 mm を超える胆のうポリープの25%にがんが認められます。

健康診断などで胆嚢ポリープと診断されたら、ポリープの大きさや形に応じて定期的な超音波検査が必要です。