山口県岩国市尾津町1-12-29
074_telephone 0827-34-0303
 
あなたは 3682384 番目の訪問者様です

« | »

逆流性食道炎

逆流性食道炎の原因

脂肪の多い食事

脂肪の多い食事をとった時に十二指腸から分泌されるコレシストキニンというホルモンの働きや、

たくさんの食事で胃が引き伸ばされることで、下部食道括約筋がゆるむと考えられています。

脂肪の多い食事は、胃酸を増やすことによっても胃液の逆流を起こしやすくします。

ラーメンもスープにはラードなどの動物性油脂が大量に使われています。

 

タンパク質の多い食事
タンパク質の多い食事は消化に時間がかかり、胃に長くとどまるため、胃液の逆流が起こりやすくなります。

 

肥満
肥満の人は、逆流性食道炎の原因のひとつである食道裂孔ヘルニアになりやすいことが分かっています。

●食道裂孔(れっこう)ヘルニア
胃は本来腹部にある臓器ですが、食道が通る横隔膜の穴の緩みで、胃が胸部にまではみ出してしまうことがあります。
これが食道裂孔ヘルニアで、逆流の大きな原因のひとつです。これらは、腹圧の上昇が主な原因になっていると考えられます。
腹圧の上昇は、加齢にともなう姿勢の変化(前かがみ)や肥満、あるいは妊娠などによっても起こりやすくなります。

 

糖度の高いお菓子

糖分も消化に時間がかかり悪影響を及ぼします。

特にチョコレートは脂肪分も糖分もどちらも高いので要注意です!

 

刺激の強い食品(香辛料、カフェイン、アルコール)

カレーやキムチ,唐辛子などの香辛料をたくさん使っているもの、梅干しなどの塩分の高いものは胃酸の分泌を増やしてしまいます。

柑橘類やイチゴやトマトなどは酸味があり、胸やけをひどくします。

タバコや炭酸飲料も胃を強く刺激してしまいますので、胃酸が多く出る原因となってしまいます。

タバコは唾液分泌も減らします。ひかえめにしましょう。

アルコールは、胃酸の分泌を増やすと同時に、食道下部括約筋をゆるめることが分かっています。全般的に控えたほうが良いでしょう。

なかでもビールは胃の中で炭酸ガスを発生し、胃が膨らんでしまうので避けましょう。

 

一度に食べ過ぎないようにしましょう

一度にとる食事の量を減らし、腹八分目を心がけましょう。

 

コーヒー、緑茶を減らしましょう
コーヒーや緑茶などに含まれるカフェインも、胃酸の分泌を増やします。

 

姿勢に注意しましょう
姿勢と逆流性食道炎は深く関係しています。日中は前かがみの姿勢を避けましょう。
寝る時は、少し上半身を高くして寝ると、逆流が起こりにくくなります。

食後3時間くらいは、胃の内容物の逆流が起こりやすいといわれています。

食後すぐに横になったり、寝る前に食事をとることは避けましょう。

 

■おなかを締めつけないようにしましょう
ベルト、コルセット、ガードル、着物の帯など、おなかを締めつけるものは、身につけないようにしましょう。

重いものを無理して持たないようにしましょう。

 

下部食道括約筋が、年齢とともに弱くなってしまう事で、胃の中の食べ物が、胃酸と一緒に逆流してしまいます。

 

 

積極的に取り入れたい食品

乳製品(胃の粘膜を保護してくれる)

乳製品は胃の粘膜を保護してくれますが、生クリームは脂肪が多いので控えましょう。

牛乳は胃酸の分泌を抑える効果もあるので、積極的に取り入れたい食品ですが、

この場合も低脂肪や無脂肪のものを選ぶなどの配慮が必要です。

 

野菜・豆類

・野菜は生食は避け、柔らかく火を通しましょう。

・食物繊維は胃を傷つけてしまうことも。葉野菜は繊維が多い茎は避け、葉の部分を食べましょう。

・豆類は繊維質が多いですが、豆腐や納豆などは加工されることにより、消化が良くなっているのでおすすめです。

 

白湯、番茶

冷たい飲みものや熱すぎるものも良くありません。

ぬるいくらい、もしくは常温のものをゆっくり飲むようにしましょう。

 

おでん

長時間煮込んであるので消化に良いです。

魚のすり身であるはんぺん、たまご、大根がおすすめです。

 

おかゆ、雑炊のレトルト

温めるだけなので簡単です。消化に良く、時間のない時にもおすすめ。

温めることによって胃にも優しくなります。

 

カステラや蒸しパン、ヨーグルトなどを選びましょう。

 

ウィダーインゼリーのようなゼリータイプ飲料を摂るのもおすすめです。

手軽にエネルギーを補給することが出来ます。

 

食用油をオリーブオイルに変える。

オリーブオイルは消化に負担がかからないため、下部食道括約筋(かぶしょくどうかつやくきん)への影響が少ないといいます。

油脂が下部食道括約筋に及ぼす影響を調べた調査では、オリーブオイルは下部食道括約筋をほとんどゆるめないという結果が出ています。

これは、オリーブオイルが消化に負担をかけないためと考えられます。

また、オリーブオイルには便秘を改善する効果もあります。

日頃の調理に使う油をオリーブオイルに変えるだけで逆流性食道炎の予防になります。

 

「材料はなるべく細かく切る」「生ではなく火を通す」「シンプルなレシピで」作るようにしましょう

 

ストレスが溜まっていると、少量の胃酸でも食道が過敏に反応してしまうため、強い胸やけを起こしてしまいます。
そうならないためには、ストレスを溜めない生活を送ることが大切です。ストレスの原因は人によってさまざまで、
ストレスを無くすことは難しいですが、「週に数回、ウォーキングなどの軽い運動をする」「きちんと睡眠を取る」
ことでストレス軽減につながります。