山口県岩国市尾津町1-12-29
074_telephone 0827-34-0303
 
あなたは 3777483 番目の訪問者様です

« | »

高血圧と食物繊維

食物繊維は塩分の吸収を抑えて高血圧を予防改善する働きがあります。

食物繊維には、水に溶ける「水溶性食物繊維」と溶けない「不溶性食物繊維」の2種類があります。

 

 水溶性食物繊維は腸内の老廃物や有害物質の吸収を妨げて便として排出させますから、

糖尿病や動脈硬化の予防にもなり、血中のコレステロールを減らして

動脈硬化からくる高血圧を防ぐ効果があります。

不溶性食物繊維には、腸の蠕動運動(ぜんどううんどう)を活発にすることで便秘を解消し、

「いきみ」による高血圧を防ぐ効果があります。

食物繊維の中でも特に、水溶性食物繊維アルギン酸(海藻類のぬめり成分)

高血圧の予防が期待できます。

アルギン酸は食品中でカリウムなどのミネラルと結びついて存在し、

胃中で胃酸の影響を受けてカリウムを放します。
このカリウムは腸から吸収されて血液中のナトリウムをは追い出す働きをします。

また、カリウムが離れたアルギン酸は小腸でナトリウムと結びついて排出されます。

これらの作用は一種のイオン交換反応ですが、ナトリウムを排除することで血圧を下げます。

水溶性食物繊維はアルギン酸(海藻類:海苔、わかめ、ひじき、昆布、ところてん、寒天など)、

ペクチン(バナナ、梨、イチゴ、りんご、グレープフルーツ柿などの果物)、

グルコマンナン(こんにゃく)、ムチン(山芋)、ごぼう、納豆、きんかん、オクラ、芽キャベツ、

インゲン豆、菜の花、モロヘイヤ、なめこ、アボカド、しいたけ、などに多く含まれます。

 

「不溶性食物繊維」は、いんげん豆、こんにゃく、里芋、じゃがいも、えのきだけ、干ししいたけなどに

多く含まれています。