山口県岩国市尾津町1-12-29
074_telephone 0827-34-0303
 
あなたは 3811484 番目の訪問者様です

« | »

熱と野菜 

熱に強い野菜

 

緑黄色野菜(にんじん、ピーマン、ほうれん草、小松菜、ブロッコリー、カボチャなど)

 

これら緑黄色野菜には体内でビタミンAに変わるβカロテンや、ビタミンEなどを多く含みます。

βカロテンやビタミンEは抗酸化作用が強く、皮膚や粘膜の保護や免疫力アップ、

ガンの予防にも効果があると言われており、

特に抗酸化作用は体内の活性酸素を減らすとして近年注目されています。

これらは油と一緒に料理すると吸収率がアップするので加熱向き。
炒め物や揚げ物、ゴマやくるみを使った和え物などがおすすめです。

 

さつまいも・じゃがいも・カリフラワー

 

イモ類やカリフラワーには「ビタミンC」が含まれています。

ビタミンCは抗酸化作用があり、健康面だけではなく美肌などの効果も期待できる栄養素です。

これらの野菜に限っては、でんぷんがビタミンCを守ってくれるため

加熱しても栄養の損失が少なくて済みます。煮物や蒸し料理にピッタリです

 

 

にんにく・ニラ・生姜・玉ねぎ・ネギ

 

これらの野菜は血行を良くし、冷え予防、殺菌、代謝促進、疲労回復などに効果大。
生のほうが薬効はありますが、刺激が強く胃腸に負担をかけてしまうので、
薬味などで少量食べる分には問題ありませんが、
多くの量を摂取し効果を期待したいのであれば

加熱したほうが身体への負担が少なくなるでしょう。

 

レタス・きゅうり・なす

 

これらの夏野菜には「カリウム」が多く含まれています。

カリウムにはカラダのほてりをとる、

利尿効果によってむくみを解消するなどの効果があります。

また、汗で失われやすいカリウムは、不足してくると夏バテの原因

ともなりますので、しっかりと摂取しておきたい栄養素です。

そんなカリウムは水溶性のため、煮たり茹でたりすることで栄養素が溶けだしてしまいます。

また、調理前に水にさらす場合においても同様です。

そのため、なるべく生食をするか、炒めるなどの調理方法がいいですね。

水を使って調理する際には、煮汁やゆで汁まで無駄にしないよう、

スープや雑炊などにすることで効率よく摂取することが出来ます。

 

熱に弱い野菜

 

ほうれん草・キャベツ・大根・かぶ

 

ビタミンCや消化酵素であるジアスターゼを多く含みます。

ビタミンCは抗酸化作用があり、健康面だけではなく美肌などの効果も期待できる栄養素です。

ビタミンCは水溶性のビタミンなので茹でたときに栄養が落ちやすくなっています。

ビタミンCの約50~70%もの量が茹でた際のお湯に流れ出ると言われています。

そのため、茹でる際にはサッと短時間で茹でることを心がけたり、

栄養素が溶け出したお湯をスープにして汁まで食べるようにすると良いでしょう。

効果を期待するなら、サラダや漬物など生食がおすすめです。

 

やまいも

 

山芋に含まれている「ジアスターゼ」という消化酵素は食品の消化を助け、

栄養を吸収しやすくしてくれるので、滋養強壮に効果があると言われています。

このジアスターゼも熱に弱いので、生で食べる方が効率よく摂取できる栄養素です。

山芋は、芋類の中でも珍しく生食が出来ますので、すりおろしてとろろにしたり、

千切りにするなどをする食べ方がオススメです。

40℃以上だと酵素が消滅してしまうので、生のまますり下ろしていただきましょう。