山口県岩国市尾津町1-12-29
074_telephone 0827-34-0303
 
あなたは 3682373 番目の訪問者様です

« | »

糖質の代謝とビタミンB1

ビタミンB1の主な働き

ビタミンB1には糖質をエネルギーに変える働きがあります。

糖質(ご飯・麺類・食パン・イモ類・果実・甘い物)
の摂取が多い日本人には特に不足しやすい栄養素で、

意識して取る必要があります。

糖が体内で効率よくエネルギーに変換されないと、

中性脂肪として肝臓などに蓄えられることになります。

しかし、ビタミンB1が十分にあれば、蓄積される脂肪の量は減ります。

ビタミンB1は疲労物質である乳酸の代謝を促進するため、

運動しても疲労を蓄積させず、溜まった疲れも回復させる効能が期待できる栄養素です。

ビタミンB1は、糖を栄養として活動する脳にも影響を与えます。

脳神経を正常に動かすためにもビタミンB1は欠かせない栄養素です。

消化液の分泌を促進する。皮膚や粘膜の健康を維持する働きもあります。

ビタミンB1は、たくさん取り過ぎても体に貯蔵できず排泄されやすいため、

過剰症の心配はありません。

水に溶けやすく、熱やアルカリに弱く分解し易い栄養素です。

 

●ビタミンB1が多く含まれている食品

玄米・豚肉・大豆製品・枝豆・青魚・うなぎ・米ヌカ

穀類のはい芽・柑橘類・たらこ・ナッツ類

※ビタミンB1を効率的に摂取するには煮たり蒸したりする調理法が損失率が少なくすみます。

 

積極的に摂取したほうが良い方

炭水化物(糖質)の摂取量が多い、インスタント食品をよく食べる、

スポーツをする、飲酒が多い、神経・筋肉の疲労を回復したい方など。

ビタミンB1は、「にんにく・ねぎ・玉ねぎ・にら」に含まれるアリシンという物質と結合すると、

腸内で吸収性の高いアリチアミンという物質を作ります。

アリチアミンは熱に強く、長く体に留まります。