山口県岩国市尾津町1-12-29
074_telephone 0827-34-0303
 
あなたは 3843089 番目の訪問者様です

« | »

レーズンと健康

raisin-2772204_960_720

レーズンとはブドウを自然乾燥させたものです。

ブドウ自体には、特に皮には、ポリフェノールやアントシアニンが含まれています。

ポリフェノールには抗酸化作用や殺菌作用があり、老化の原因となる活性酸素を除去し、

細胞の老化を防止する働きがあるため、ガンやアルツハイマーの予防効果があります。

 

レーズンはコレステロールが0と言われています。

動脈硬化予防効果が期待出来ます。

血糖値を正常化する働きもあるので糖尿病の改善にも繋がります。

美肌効果、シミやしわなども改善してくれます。

その他、殺菌作用もあるので肌荒れや吹き出物の予防にもなります。

 

レーズンには抗酸化作用のあるアントシアニンをたっぷり含んでいますので、

免疫力をアップしてくれるのに役立ちます。

アントシアニンはブルーベリーなどにも多く含まれています。

成長ホルモンの分泌を促すことから若返りの効果があります 。

 

レーズンには、体内の余分な水分を排出する効果のある「カリウム」が豊富に含まれています。

生のブドウの7倍も含まれています。カリウムは野菜や果物からも摂取できますが、

毎日の食事では十分なカリウムが摂取できていないことが多いです。

レーズンの場合、100gで740mgのカリウムを摂取することができます。

これは1日に摂取したいカリウムの約30%に該当します。

特に女性の場合、カリウムが不足するとむくみが出やすくなるので、

むくみに悩んでいる人にはオススメです。

 

レーズンにはカルシウムが100g当たり65mg含まれています。

骨や歯を形成するためには、カルシウムだけでは効果はありません。

マグネシウムが必要となります。

レーズンにはマグネシウムも豊富に含まれていて、100g当たり30g程度含まれています。

 骨粗しょう症予防や骨の形成には理想的な食べ物と言ってもいいかもしれません。

 

レーズンには100g当たり2.5mgの鉄分(プルーンの2倍)が含まれていおり、

貧血で困っている女性に効果的です。!

鉄分が豚レバーには100g当たり13.0mg、鶏レバーには9.0mgと
多く含まれていますが、ほうれん草の鉄分量は100g当たり0.9mgなので

レーズンの方がほうれん草より鉄分は多く含まれていることになります。

 

レーズンには生のブドウに比べて食物繊維が4倍も含まれていると言われています。

不溶性食物繊維が70%、水溶性食物繊維が30%の割合です。

食物繊維は腸内環境を改善し、便秘改善や消化不良の予防にもなり、

ダイエット効果も期待できるでしょう。

レーズンには酒石酸というものが含まれていて、

食物繊維と一緒になることで腸内環境を整えてくれる効果があります。

この2つの働きは便を出すというだけではなく発がん性物質を排除する効果もあるので、

大腸がんを予防する効果も期待できます。

 

便秘の予防には1日1/2カップ(約84g)で十分と言われています。

レーズンは、糖分が多いのでかなりの高カロリーになってしまいます。

レーズンのカロリーは、平均100gで約300kcalあります。

1/2カップでも240~250kcalあるので、これで押さえるようにしましょう。

レーズンに含まれる果糖やブドウ糖は白砂糖に比べると血糖値の上昇が穏やかなので、

糖尿病予防やダイエット、メタボの予防にも繋がります。