山口県岩国市尾津町1-12-29
074_telephone 0827-34-0303
 
あなたは 3811418 番目の訪問者様です

«

アルギニン

アルギニンはタンパク質を構成するアミノ酸の一種で、塩基性アミノ酸です。

非必須アミノ酸(体内で作り出せるアミノ酸)ですが,

年齢を重ねると共に体内での合成量が減るため、不足した分を食事で補う必要があります。

アルギニンには様々な健康効果が見られます。

 

アルギニンは脳下垂体に作用して

成長ホルモンの分泌を促し組織中のタンパク質合成を促します。

成長ホルモンは成長期の10代で最も多く分泌され、

加齢とともに減少し40代では約半分まで低下すると言われています。

脳下垂体から分泌される成長ホルモンは病気にかかりにくい体を作ったり、

傷の治りをスムーズにしたりする効果が期待されています。

さらに脂肪の代謝を促して筋肉を強化する効果も期待できます。

 

アルギニンは体内で、免疫細胞のマクロファージが活性化するよう働きかけます。

マクロファージは、体に侵入してきた細菌やウイルスなどを食べてしまう白血球の一種です。

マクロファージの働きが活性化すると、免疫力アップにもつながり、

免疫細胞がウィルスや病原菌などの外敵を攻撃する力を強めることが知られています。

病気に負けない強い体を作り出すことが期待できます。

 

アンモニアは運動したときに感じる疲労原因の一つですが、

アルギニンはアンモニアの解毒にも関わっています。

このとき、一部のアルギニンから一酸化窒素(NO)が発生します。

NOは血管を拡張させるため、冷え症、動脈硬化、心筋梗塞、脳梗塞など

生活習慣病の予防効果が期待されています。

 

アルギニンによりアンモニアの増加が抑えられ、疲労回復をサポートするため

アルギニンを運動前後に摂ることで疲労感の軽減につながります。

運動能力アップのためには、筋力トレーニング前後に摂ることで

筋肉アップを助けると言われています。

 

成長ホルモンが最も分泌されるのが就寝中であり、

このタイミングに合わせてアルギニンを摂ると成長ホルモン分泌量を増やせるので、

アルギニンは就寝前の空腹時に摂るのが効果的です。

厚生労働省で摂取量は正確に決められていませんが、

アルギニンが効果的に働くには1日に2000~4000mg以上の摂取が必要だと言われています。

 

アルギニンは鶏肉、豚肉、大豆、エビ、カツオ(鰹節)、マグロ、ナッツ類に多く含まれています。

Free picture (Baked chicken) from https://torange.biz/baked-chicken-4089729412575946_d4331e1d3f_bダウンロード26860105132_cb0d5f3d58_b13748626713_28494c23ab_bダウンロード (1)

138472646_624KatsuobushiOLYMPUS DIGITAL CAMERAFree picture (Mixture of nuts) from https://torange.biz/mixture-nuts-47498