山口県岩国市尾津町1-12-29
074_telephone 0827-34-0303
 
あなたは 4178740 番目の訪問者様です

«

逆流性食道炎にならないために

無題

img8-01 

逆流性食道炎にならないために

 

胸やけを起こしやすくする食事要因として、

 

1.食べ過ぎ…食べ過ぎると胃が伸ばされ、食道と胃の境界部分がゆるみます。

img1stomach_19

 

2.就寝前の食事

Print

 

3.高脂肪食…脂肪が十二指腸に入ると分泌されるコレシストキニンというホルモンは、

 

下部食道括約筋をゆるませる働きがあります

い@無題

 

4.アルコール…胃酸の分泌を増やすと同時に、食道下部括約筋をゆるめることが分かっています。

 

アルコールはできるだけ控えましょう。

アルコール

 

5.チョコレート、甘いものが胃液で溶けてできた液体は、食道にキズをつくりやすくなります。

51MgeT3wKcL__SX355_

6.コーヒー…コーヒーや緑茶などに含まれるカフェインも、胃酸の分泌を増やします。

dri0004-001_m

 

7.炭酸飲料唐辛子、からし、わさび、カレーレモン、酢、みかんなどの柑橘類、梅干、

 

にんにく、にら、しそなどは胃の粘膜を刺激し、胃酸分泌を高めます

41c5YxA-63L

 

8.たばこ…喫煙は多くの病気に関わっていますが、胃と食道のつなぎ目が緩みやすくなるため、

 

胸やけも起こしやすくするといわれています。

190826tabaco

 

このほか、具体的には、生活面で避けたほうがよいものとして、

 

9.腹部の締め付け

…ベルト、コルセット、ガードル、着物の帯など、腹圧を上昇させるような服装はやめましょう。

61+9bWzWQKL

 

10.重い物を持つ、

3df82f2007f306798725e7dae02b3e92

 

11.前かがみの姿勢…胃液の食道への逆流をおこしやすくなります

9841d1bb75b7606baf1167322fc9cb03

 

12.肥満…肥満により腹圧が高くなると胃が外から押され、胃液が食道へ逆流しやすくなります。

 

ご飯を勢いよく一気に食べたり、食事やをたくさんとることでも胸やけが起こりやすくなります。

 

一度にとる食事の量を減らし、腹八分目を心がけましょう。適度な運動をしましょう

watermark
13.過労・ストレス…食道の胃酸に対する過敏性を高めてしまいます。

10173003104

 

などがあげられます。

 

なかでもとくに改善効果が高いことがわかっているものは、

 

肥満の解消(体重減少)と上半身をやや起き上がらせて寝る姿勢(頭側挙上)です。

 

肥満の解消下部食道括約筋のゆるみが改善し、胃液の逆流が少なくなります。

 

頭からお腹を少し高くして寝る重力の働きで胃液が食道に逆流している時間が短くなります。

 

食後3時間くらいは、胃の内容物の逆流が起こりやすいといわれています。

 

食後はすぐに横にならないようにし、寝る前の最低2時間は食べ物を食べないようにしましょう。

 

寝る時には左を下にするか上半身を少し高くして横になるようにしましょう

lif1904100001-p2