風邪について

風邪(感冒)

空気の通り道である鼻やのど、気管支などの粘膜表面から、鼻水やたんなどの水分が大量に分泌して炎症を起こした状態です。原因微生物の約90% はウイルスが占めており、残りの約10%は細菌、マイコプラズマ、クラミジアなどウイルス以外による感染です。風邪(かぜ)ウイルスの数は200種類以上といわれており、どのウイルスが原因で起こったのかを特定することは困難です。

風邪(かぜ)を引き起こす主なウイルス(インフルエンザ以外)

主な風邪(かぜ)ウイルス

A. ライノウイルス

風邪(かぜ)の原因の約30~40%を占めるのがこのウイルス。

秋や春に多く、主に鼻風邪(かぜ)を引き起こす。

B. コロナウイルス

ライノウイルスの次に多く、主に冬に流行する。          

鼻やのどの症状を起こす。

  • 新型コロナウイルスを除く。
  • 新型コロナウイルスは従来のかぜウイルスとは症状や伝染力が異なります。
  • 感染したことが判明した際には、必ず各都道府県自治体の対応方針に従ってください。

C. RSウイルス

年間通じて流行するが冬に多い。

乳幼児に感染すると気管支炎や肺炎を起こす場合がある。

D. パラインフルエンザウイルス

鼻やのどの風邪(かぜ)を起こすウイルスで、

子供に感染すると大人より重症になりやすい。

秋に流行する型と春~夏に流行する型がある。

E. アデノウイルス

冬から夏にかけて多い。プール熱の原因もこのウイルス。

咽頭炎や気管支炎、結膜炎なども起こす。

F. エンテロウイルス

夏に流行するウイルス。

風邪(かぜ)の症状のほか下痢を起こしたりする。

日常生活から考えられる原因

1 風邪をひいている人からの直接感染

風邪の人が1回くしゃみやせきをすると、ウイルスなどの感染源がたくさん飛び散ることになります。そのため近くにいると直接その感染源を吸いこむ、飛沫感染をすることがあります。

2 感染源に触れたことによる間接感染

空気中に飛び散った感染源が付着したものに手で触れると、それを介して鼻や口、目、肌などから感染する原因となります。また、感染源が衣服についた場合、その衣服を脱いだり着たりするときに感染源が体内に入り込むことがあります。

3 免疫力の低下

風邪(かぜ)の症状・原因|くすりと健康の情報局

呼吸器の異物侵入を防御するはたらき

疲れや体力の低下、老化、睡眠不足によって、体の免疫機能が低下します。その結果、感染源を排除しようとする免疫力の働きが弱まり、体内に感染源が入り込みやすくなってしまいます。また肺炎などの細菌の二次感染による重い合併症を引き起こすこともあります。

風邪(感冒)の症状

1鼻水、せき、くしゃみ

鼻水 イラスト – Bing

ソース画像を表示

咳イラスト – Bing

ソース画像を表示

くしゃみ   イラスト – Bing

ソース画像を表示

感染源などが体内に入ったときに、体はそれを外に追い出そうと、防御反応をとります。鼻水は、鼻やのどに付着したウイルスを洗い流そうとするもので、せきやくしゃみは異物を外に排出しようとする防御反応です。

2 たん

痰   イラスト – Bing

ソース画像を表示

のどや気管支が炎症を起こすと、粘膜が腫れて充血し、粘液を大量に分泌するようになります。それが塊となって外に排出されるのがたんです。

3 のどの炎症

のどの炎症  イラスト – Bing

ソース画像を表示

感染源がのどに侵入すると、のどに炎症を起こし痛みを引き起こします。とくに、鼻が詰まっているときなどに口だけで呼吸をしていると、のどに感染源が入りやすくなってしまいます。

4 発熱

発熱  イラスト – Bing

ソース画像を表示

感染源が侵入すると、体が反応して発熱を起こします。それほど高熱が出ることはありませんが、インフルエンザや細菌感染による二次感染が起こると、高熱がでることがあります。

全身症状が強い場合は、風邪症候群ではなく、インフルエンザやウイルス性胃腸炎など他の感染症の可能性もあるので注意が必要です。

・頭痛、筋肉痛

頭痛、筋肉痛 イラスト – Bing

ソース画像を表示

筋肉痛 イラスト – Bing

ソース画像を表示

体がウイルスと活発に戦うために分泌されるプロスタグランジンという物質が、熱を出したり、頭痛や筋肉痛、関節痛を強めます。痛みや倦怠感が強い場合はインフルエンザの可能性があります。

・口内炎

口内炎 イラスト – Bing

ソース画像を表示

手足口病やヘルパンギーナなど、夏風邪(かぜ)とよばれる感染症で口内炎が起こることがあります。

下痢・嘔吐

下痢・嘔吐 イラスト – Bing

ソース画像を表示

下痢・嘔吐 イラスト – Bing

ソース画像を表示

発熱とともに下痢や嘔吐が起こったときは、おなかの風邪(かぜ)ともよばれるウイルス性胃腸炎の可能性があります。

風邪が引き起こす疾患

※以下の疾患は、医師の診断が必要です。
下記疾患が心配な場合には、早めに医師の診察を受けましょう。

1 扁桃炎(へんとうえん)

扁桃炎 イラスト – Bing

ソース画像を表示

二次感染の細菌感染により引き起こされる炎症で、のどの奥の扁桃が真っ赤に腫れあがり、悪化すると表面に膿をもちます。39~40℃の高熱とのどの激しい痛み、全身の倦怠感があらわれます。さらに、首のリンパ腺に腫れと痛みが出ることもあります。

2 肺炎

肺炎 イラスト – Bing

ソース画像を表示

ウイルスや細菌が肺に侵入し、炎症を起こします。風邪をこじらせたり放置していることが原因の一つです。症状としては、のどが痛くないのにせきが出たり、38℃以上の高熱が1週間以上続きます。また、呼吸が苦しくなることもあります。体力が落ちている人や、免疫力の弱いお年寄りに多くみられる二次感染です。※以上の疾患は、医師の診断が必要です。
上記疾患が心配な場合には、早めに医師の診察を受けましょう。

子供の場合

子供 イラスト – Bing

ソース画像を表示

年齢が低い子供ほど抵抗力が弱く、身体機能が未熟であるため、風邪(かぜ)をひく回数は多くなります。

また、保育園や幼稚園などの集団生活施設でのコップやおもちゃ、ドアノブや机、椅子などを直接なめたり、これらを触った指をなめたりする間接的な接触や、風邪(かぜ)をひいている子供の咳やくしゃみを経由して感染することもあります。

子供は気道や鼻道などが狭いため、粘膜が腫れると呼吸困難に陥りやすかったり、体内の水分量が多いために脱水症状を起こしやすかったりします。

高齢者の場合

高齢者 イラスト – Bing

ソース画像を表示

高齢になると風邪(かぜ)の症状がはっきりあらわれず、知らずに重症化して肺炎を起こすこともあるので、注意が必要です。普段から血圧や熱を測るなどの習慣を持ち、体調の変化に本人や家族が気づいたら早めに受診しましょう。

妊婦の場合

妊婦 イラスト – Bing

ソース画像を表示

妊婦が風邪(かぜ)をひいた場合、市販薬の使用には注意が必要であると同時に、強い咳などの持続が子宮収縮を招くこともあります。妊娠中は風邪(かぜ)をひかないことが大切ですので、水でのうがいや手洗い、マスクなどで予防しましょう。

日常生活でできる予防法

1 バランスのとれた食事をとる

バランスのとれた食事をとる イラスト – Bing

ソース画像を表示

栄養の偏りや不足は体の調子を崩しやすくなる原因のひとつです。レバーやうなぎ、牛乳、トマト、キウイ、いちご、大豆などに豊富に含まれているビタミンAやC、ミネラルを積極的にとりバランスの良い食事を心がけましょう。

2 しっかり睡眠をとる

しっかり睡眠をとる イラスト – Bing

ソース画像を表示

睡眠不足からくる疲れとストレスは、免疫力の低下を招き、風邪を引きやすくしてしまいます。日頃から睡眠を十分にとるようにしましょう。

3 手洗いとうがいの習慣をつける

手洗いとうがい イラスト – Bing

ソース画像を表示

手についたウイルスからの感染を防ぐために、帰宅時や食事の前には、必ず石けんなどで手を洗い、流水で十分にすすぐようにしましょう。うがいは、上を向いて行うガラガラうがいが効果的です。

4 室温、湿度を調整する

空気が乾燥すると、ウイルスに感染しやすくなります。ウイルスが増殖できない環境を作るために、室温が20~25℃に、湿度が60~80%になるように調整しましょう。湿度の調整は加湿器の他、部屋に濡れタオルを干したり、お湯を沸かすことでも行えます。

5 タバコを控える

たばこイラスト – Bing

ソース画像を表示

タバコは血管を収縮させ、血液の流れを悪くするだけではなく、のどや肺に軽い炎症を引き起こし感染源に対する抵抗力を弱めてしまうので、控えましょう。

6 冷房を効かせすぎない

冷房 イラスト – Bing

ソース画像を表示

寒さは自律神経の乱れを引き起こし、免疫力を低下させます。夏風邪の原因の多くが、冷房による自律神経の乱れや室内外の温度差といわれていますので、冷房を弱めたり、室内では上着をはおったり、膝かけをするなど体を冷やさない対策をしましょう。

対処法

1 マスクをする

マスクをする イラスト – Bing

ソース画像を表示

マスクには、鼻やのどの乾燥や風邪に感染することを防ぐと同時に、感染源をまき散らさない効果もあります。長時間つけていても苦しくない、自分に合った形を選び、衛生面のためにも毎日変えるようにしましょう。

2 生活習慣を改善する

生活習慣を改善 イラスト – Bing

ソース画像を表示

風邪を早く治すには、十分な休息と栄養のある食事が大切です。ただし、風邪をひくと消化機能が低下しますから、消化の良いものを食べましょう。卵入りのおかゆや、野菜スープ、またビタミン類を多く含むリンゴやみかんなどの果物がおすすめです。

3 市販の薬を使う

市販の薬 イラスト – Bing

ソース画像を表示

風邪薬にはさまざまな種類があります。鼻水・鼻づまり、のどの痛み、発熱など、自分のつらい症状に合わせて風邪薬を選ぶようにしましょう。

4 病院で診察を受ける

病院 イラスト – Bing

ソース画像を表示

風邪の症状の多くは、1週間以内でおさまることがほとんどです。高熱が出る、のどの痛みやせき、たんなどの症状が長引くといったことがあれば、他の疾患が隠れている場合もありますので、主治医に診てもらいましょう。風邪のときは温かい飲み物を!

風邪のときは、普段以上に水分補給が大事。

水分補給 イラスト – Bing

ソース画像を表示


ただし、消化機能が弱っていることが多いので、冷たい飲みものよりも温かい飲みものの方がおすすめです。牛乳などは人肌に温めて飲みましょう。体が温まって消化も良い野菜スープなどは、食欲のないときの栄養補給にもぴったりです。また、生姜には体を温める効果があるので、生姜湯も良いでしょう。

同じカテゴリの記事