ヘルペスについて

「ヘルペス」とは?-ヘルペスは大きく分けて2種類ある-

ヘルペスウイルスとはヘルペスとは皮膚に小さな水ぶくれが集まって炎症を

起こしている状態のことです。

ヘルペスウイルスに感染したことで水ぶくれを引き起こします。

ヘルペスウイルスはいくつか種類があり、

例えば水ぼうそうや帯状疱疹は「水痘・帯状疱疹ウイルス」

が原因であり、口唇ヘルペスや性器ヘルペスは「単純ヘルペスウイルス」

によって引き起こされます。

ヘルペスウイルスは、ヘルペスウイルス科として8種類存在します。

一般的には、口唇ヘルペスを引き起こす単純ヘルペスウイルス(HSV)と、

いわゆる「胴巻き」といわれる帯状疱疹を引き起こす

水痘・帯状疱疹ウイルス(VZV)

の2種類を「ヘルペス」と呼ぶことが多いです。

1.単純ヘルペスウイルス(HSV)

HSV感染症として、

口唇ヘルペス(口の周りにできるヘルペス)と

性器ヘルペス(陰部にできるヘルペス)が有名であり、

どちらも体の疲れなどにより症状(液体で満たされた痛みを伴う小さな水ぶく

れ)を頻回に繰り返しやすいという特徴があります。

ヘルペスウイルスは非常に感染力が強く、水ぶくれに直接触れるだけでなく、

ウイルスの付いた粘膜や皮膚と接触することによっても感染します。

原因

単純ヘルペスウイルスというウイルスは

HSV‐1とHSV-2の2種類の型に分けられるが、

口唇ヘルペスにはHSV-1が関与することが多いです。

水疱内の透明な液や、皮膚のただれた部分、唾液、ウイルスが付着した

手指や器具から接触感染します。

そのほか、患者のくしゃみや咳、会話中のウイルスを含んだつばが

すぐ近くにいる人の皮膚や口・鼻などの

粘膜に直接付着して感染する飛沫感染もあります。

単純ヘルペスウイルスは多くは子どもの頃に感染することが多い

といわれていますが

大人になってから感染する場合もあります。

症状

口唇ヘルペスは唇や口の周りがピリピリし、チクチクするような痛みや違和感

を伴います。

また部分的に赤く腫れあがり、小さい水ぶくれが出たりただれたりします。

治療

抗ヘルペスウイルス薬の種類と使い分け方

治療については軽症ならば抗ヘルペスウイルス薬のアシクロビルやビダラビン

を塗布します。

重症ならばファムシクロビルやバラシクロビルなどの抗ヘルペスウイルス薬を

内服します。

疲労、風邪、ストレス、紫外線、生理などで体の免疫力が下がったときに

唇や口の周りにウイルスが皮膚へ移動すると再発します。

抗ウイルス薬は神経節に潜んでいるウイルスに対しては効果がなく、

単純ヘルペスウイルス感染症を根本的に治す薬は今のところないため、

再発を防ぐ意味でも休息は大切です。

単純ヘルペスに対するワクチンは現時点ではありません。

予防/治療後の注意

ヘルペスウイルスの感染を防ぐための対策

水ぶくれにはウイルスが入っているため、水ぶくれを破ると手にウイルスが

ついて、ほかの場所に水ぶくれがうつる原因になるので注意が必要です。

また、水ぶくれに触れた指でコンタクトや目に触れると、失明する危険性が

あります。

角膜ヘルペスにつながることがあるので、患部に触れた後はしっかりと手を洗う

ことを徹底する。

また、体の抵抗力が落ちると再発しやすくなるため、ストレスや疲労をためない

生活を送ることも大切です。

また、紫外線もヘルペスを誘発される要因になるため、日焼け止めや帽子など

で、紫外線対策を心がけましょう。

また、肌荒れ、皮膚炎のある人は普段からスキンケアを心がけるように

しましょう。

再発の予防

ヘルペスウイルスは、免疫力が下がっていると再発しやすいウイルスです。

ですから、普段から疲れストレスを溜めないようにしましょう。

また、紫外線は皮膚の免疫力を下げてしまうので、紫外線を避けるように

心がけましょう。

例えば、屋外でスポーツをして紫外線を浴びると症状が再発しやすい、

と分かっている人は、あらかじめ紫外線対策をすると良いでしょう。


2.水痘・帯状疱疹ウイルス(VZV)

VZV感染症として、水痘(水ぼうそう)と帯状疱疹があります。

水痘(水ぼうそう)はウイルスが初めて感染した時に発症するもので、

一生に1回経験するものです。

従来は子供に多い病気でしたが、最近は水痘ワクチンが定期接種化されたため、

ワクチン接種により水痘(水ぼうそう)の発生が激減しています。

水痘(水ぼうそう)は空気感染しますので、水痘(水ぼうそう)と診断された方

は隔離が必要です。


 一方、帯状疱疹は、60歳以上の方に発症しやすいもので、

神経に沿って、ピリピリとした強い痛みと、水疱ができるのが特徴です。

水痘・帯状疱疹ウイルスは、感染者の体内でウイルスに対する抗体がつくられ、

水ぼうそうが治癒した後、神経の根元にある神経節に潜伏します。

普段は抗体の力で押さえ込まれていますが、病気や疲労・ストレスなど免疫力を

低下させる要因が重なると、ウイルスは再度活性化して増殖し、深いところにあ

る知覚神経を通って表面の皮膚に作用し、痛みを伴なった水疱の群れを作りま

す。これが、帯状疱疹です。


帯状疱疹は、脇の下から胸部・腹部にかけてと、額からまぶた・鼻にかけて

症状がでやすく、神経に沿って身体の左右のどちらか一方に、帯状になって症状

がでるのが特徴です。

帯状疱疹の症状は、ピリピリするような痛みや違和感、軽い発熱などの

『知覚症状』から始まり、1週間ほどで、知覚症状を強めながら『皮膚症状』へ

進行します。

皮膚症状は、赤みを帯びた小さな水疱の群れが現われ、1週間~10日でつぶれ、

赤くただれたような状態になります。このただれは数日でかさぶたになり、

やがて剥がれ落ちます。

こうして皮膚症状はおさまり、知覚症状も消えます。

帯状疱疹は、通常、病変部を直接触らない限りはうつりません。

さらに、帯状疱疹から別の方に帯状疱疹としてうつることはなく、

水痘(水ぼうそう)としてうつることがありますので、水痘(水ぼうそう)に

なったことのない小さいお子さんには接触に注意が必要です。

一度帯状疱疹にかかると、強い免疫が誘導されるため、頻回に繰り返すことは

ありません。

帯状疱疹は人にうつるの?

帯状疱疹で最も心配なのは、皮膚症状がおさまった後、神経痛などの後遺症を

生じる場合があることです。

こうした後遺症は「帯状後神経痛」とよばれ、つらい痛みが長く続きます。

人によっては、日常生活に支障をきたすほど悩まされるケースもあります。

帯状疱疹後神経痛は、帯状疱疹が重症化した場合に起こりやすく、高齢者の方や

糖尿病(糖尿病によって血管や神経がすでに傷ついている)の患者さんに高い

割合で起こっています。

最近、帯状疱疹ワクチンを50歳以上の方に使用することができるように

なりました。

しかし、保険適用外で、さらに施行できる方に制限があります。

抗ヘルペスウイルス薬による治療

帯状疱疹の治療は、抗ウイルス薬や、非ステロイド系消炎鎮痛剤などの外用薬や

内服薬を用いた薬物療法が行なわれます。

痛みがひどく重症の場合は、神経ブロック療法(健康保険適用)を併用する

ケースもあります。

重症例には入院して、点滴を行います。

同じカテゴリの記事