インフルエンザワクチンの接種を開始しました

インフルエンザワクチンの開始

厚生労働省は、新型コロナウイルスの感染が広がるなか、冬場にかけてインフルエンザワクチンの需要が高まる可能性があるとして、10月1日から65歳以上の高齢者を優先的接種とし、小児等それ以外の人は10月26日以降に接種することを呼びかけています。

インフルエンザワクチンの接種は10月1日から開始しております。

 接種回数:小学6年生までは2回接種、中学生以上は1回接種となります。

 接種費用 3000円(1回あたり) 

65歳以上(岩国市民)1490

中学生(岩国市民)は1回のみ500

小学6年生まで(山口県民)2回とも無料

接種間隔は2~4週間

厚生労働省は、

ハイリスクである高齢者から優先的にインフルエンザワクチンを接種するように依頼文書

を発出しています。

「季節性インフルエンザワクチン 接種時期ご協力のお願い」厚生労働省

友だち追加

当院では予防接種の予約を受け付けておりませんが…厚生労働省は、今シーズン、成人の用量に換算しておよそ6300万人分のインフルエンザワクチンを確保できる見込みだとしています。これは、昨シーズンに使用された量を12%上回っています。

ですので、ワクチンが不足することはまず考えにくいとのことです。

御来院頂いた方から順番通りに接種させていただきます。

午前(9:00~12:30)よりも午後(14:00~18:45)のほうが

待ち時間は少ないと思われます

インフルエンザワクチンは効果が現れるまでに

2週間位かかると言われております。

当院では12月中旬までの接種をお勧めします。

インフルエンザワクチンはインフルエンザに感染するのを100%予防できる

ものではありません。

インフルエンザワクチンによるインフルエンザ予防効果は60〜70%程度

と言われています。

それでもインフルエンザワクチンを接種することで、

感染したときに症状を軽くすることができます。

症状が長引くのを抑えることができる、特にご高齢の方の場合には肺炎や

インフルエンザ脳症といった重篤な症状になるのを抑えることができる可能性

が高くなります。

こういった重篤な症状はインフルエンザ治療薬と呼ばれるものでは予防すること

はできません。

同じカテゴリの記事