胃腸内科について

胃腸内科

受診希望の方の問診表

患者さまの負担を減らした内視鏡検査を目標にしています

当クリニックでは消化器内科を中心に診療を行っています。

病気の早期発見・治療に力を入れており、

胃カメラや大腸カメラの内視鏡検査、エコーを使った腹部の検査を行っています。

「検査の苦痛をできる限り軽減すること」を目標にして各種検査に臨んでいます。

はじめて検査を受ける方や、「以前に検査を受けたけどしんどかった」という方も、どうぞお気軽にご相談ください。

できる限り患者さまの負担を抑えるように努めてまいります。

また、胃がん検診やバリウム検査、検便などで指摘を受けた方は内視鏡検査をおすすめします。

各種検査は土日も対応しています。

『痛くない』胃内視鏡検査と『痛くない』大腸内視鏡検査を積極的に行っています。

静脈から安定剤を点滴注射する事により、ウトウトしている間に内視鏡検査を行っておりま

すので、検査中に痛みを訴えることもなく、とても楽に検査を受けることができます。

検査終了後は1~2時間ゆっくり お休みになってからお帰りいただきます。

胃・大腸内視鏡検査を同時に受けることも可能です

土曜日の午後や日曜日・祝祭日の午前中にも胃カメラ・大腸内視鏡を実施しております


胃腸内科に関するQ&A

胃カメラの検査は痛いのでしょうか?

大腸カメラは前日から下剤を飲む必要があるのでしょうか?

胃カメラ

胃カメラの検査は痛いのでしょうか?

鎮静剤を用いて行い、できる限り痛みが少ないよう努めています。

当クリニックの胃カメラ検査では、機能性を重視して口から内視鏡を入れる「経口内視鏡」を使っています。ただし、口から内視鏡を入れる場合は機器と舌の付け根が触れることで嘔吐反応が起こるため、鎮静剤を用いてできる限り患者さまの負担を減らすよう努めています。万が一、病気に発展しそうなポリープが見つかった場合は、その場で切除も可能です。検査の詳細についてはしっかりとご説明いたしますので、遠慮なくご質問ください。


大腸カメラ

大腸カメラは前日から下剤を飲む必要があるのでしょうか?

場合によっては当日に下剤を飲んでも検査可能です。

大腸カメラ検査と聞くと、基本的には前日の夜に下剤を飲むため、夜間に複数回トイレに行かなくてはならないイメージがあるかもしれません。そのため、大腸カメラの検査がおっくうに感じる方も少なくありません。当クリニックでは、当日の早朝に下剤を飲んで、夕方に検査を受けられる体制にしており、患者さまのご要望に合わせて柔軟に対応するよう努めています。

また、鎮静剤を用いて、患者さまが寝ている間に検査を終えることで検査の負担を抑えます。

受診希望の方の問診表

当院で診察可能な胃腸疾患

食道癌・

食道裂孔ヘルニア

食道ポリープ・

食道粘膜下腫瘍・

逆流性食道炎・

カンジダ食道炎

ソース画像を表示

胃癌・

ソース画像を表示

慢性胃炎・

ソース画像を表示

胃潰瘍・

急性胃粘病変(AGML)・

胃ポープ

ソース画像を表示

胃粘膜下腫瘍

腸上皮化生・

腸上皮化生 – Bing

ソース画像を表示

鳥肌胃炎

ヘリコバクターピロリ感染症


・出血性びらん性胃炎・

ソース画像を表示

十二指腸潰瘍・

十二指腸ポリープ・

異所性胃粘膜

受診希望の方の問診表

同じカテゴリの記事