痔だから、便潜血陽性・血便とはかぎらない

便潜血陽性だったのに『大腸カメラで異常なし』といわれた方へ

よかったです!

大腸に異常がなかったということは基本的に『肛門』からの出血つまり、『いぼ痔』や『切れ痔』などからの出血であったと考えて差し支えありません。

もっとも自分が痔を持っていると自覚している方はその説明で納得していただけると思います。

しかし、自覚症状がなくても内視鏡検査にて多少腫れている痔核や裂けている部分が見えたり検査の際にたまたま硬い便をしてしまったり、検査に提出しなきゃということで気張って便を出した際に肛門が裂けてわずかに便に血が混じってしまうということも考えられます。

女性の場合は月経の血が混じってしまい検出されてしまうこともあります。

しかし検査をして結果的に『異常なし』であったらそれでよかったのです。
『わざわざ検査したのに』なんて考えないでください。
あくまでも結果論であって実際に便検査陽性からガンが見つかる方も少なくないのですから。腹痛


ケース1:再検査後、陰性だったので、大丈夫と言われた

便潜血が陽性だったが担当の先生に『もう一度検査しましょう。』と言われ、結果今度は陰性だったので『大丈夫ですね。経過を診ましょう』と言われました。

本当にこれで大丈夫ですか?

大丈夫ではありません! これが大腸がんや大腸ポリープが見落とされる最も多いパターンです。
まずここで申し上げたいのは1回でも便に血が混じったり、潜血検査が陽性になったら異常だと認識を持つことです。
そもそも便潜血検査は便の中に血がわずかでも混じると陽性となりますが、そのうち1回でも便に血が混じったということはそもそも異常なことですよね。
だって
普通なら便に血は混じりませんよ。

便の通り道にどこか血がでているところがあるから陽性になったのです!

確かにもともと"痔"であるならば便の検査が陽性になることはよくあります。

症状(おなかが痛い、排便異常、腹部膨満など)が無いから『どうせ痔だろう』とか『たまたま1回だけ血が混じっただけだ』なんて考えは発見を遅くする
ばかりでなく、せっかくの二次検査のタイミングを逸してしまうだけなのです。


ケース2:便に血が…でも便検査では、陰性。大丈夫ですか?

確かに血便でした!

排便時に血が混じっていたので医療機関を診察したところ『それでは便の検査をしましょう。』と言われました。

結果は陰性だったので『大丈夫ですね。経過を診ましょう』と言われました。

本当にこれで大丈夫ですか?

 

もしこのような返答をする先生がいらしたら正直困ったところです。

肛門から血が出たということは異常なのです。 確かに肛門疾患(いぼ痔や切れ痔)の可能性は高いでしょう。
しかしそうでなかったら?と考えなければいけません。

実際に見た血便というものが、もしガンからの出血のサインであった場合、そして便検査(潜血)の際に出血してなかったために結果陰性という報告を受け放置してしまったら? そうです。

ガンは進行してしまうのです。
毎日を安心して暮らせるよう、血便を認めた場合は大腸検査をすることをお勧めします。

排便時出血

排便時に出血する病気として腸の病気と肛門の病気が考えられます。
いわゆる痔(ぢ)を痛いものだと思っている方が多いのですが、痔には内痔核と外痔核というものがあり、内痔核は肛門の奥にできる為に痛みはあまり伴いません。
便がこすれる事により浮腫みが強くなり出血するようになります。
また、硬い便をした後や、強くりきんだ後に肛門粘膜が裂けると、いわゆる切れ痔(裂肛)となります。
切れ痔は強い痛みを生じます。
痔がひどくなる原因として便秘があげられますが、便秘の原因として大腸の狭くなる病気、いわゆる「大腸ガン」があります。 つまり、「痔かな・・」と思っていても排便時の出血があった場合は大腸検査をお勧めします。
大腸に出血病変がなければ、肛門の疾患として安心して暮らせますし、検査にて、症状を呈さないようなポリープが見つかることもあります。  

胃ポリープ・病気の種類・癌化

胃ポリープという病気と種類


胃ポリープは「胃粘膜上皮が局在性増殖により胃内腔に隆起した病変で、悪性でないもの」と定義されており、

過形成性
ポリープと胃底腺性ポリープに大別されます。

胃底腺性ポリープは過形成ポリープに比べ、若年、女性に多く径が1cm以上、有茎性はまれです。

薬物療法で治ることは有りません。

自覚症状の乏しい胃ポリープという病気


胃ポリープは自覚症状が出現する事はまれです。

検診時偶然発見される事が多く又、大半の胃ポリープは大腸ポリープに比較すると、ガンになり難い。

しかし腺腫性ポリープや、過形成ポリープ(ポリポーシス)のように将来癌化する可能性のあるものもあります。

ある資料では、過形成性ポリープでのガンの共存率は約3%、2cm以上では10%、胃腺腫ポリープで約10~15%と記述されておりま

した。

有茎性と無茎性の有る胃ポリープという病気

胃ポリープは無茎性のものの方が有茎性のものより悪性のものが多いといわれ、過形成性ポリープと呼ばれる炎症性のポリープで

小さいものは経過観察で良いが、2cmを超えるもののなかには出血する場合があり、ガンが発生する事もあります。

ポリポーシスという胃ポリープもある

時にはポリポーシスといってポリープが多発し外科的に胃を切除しなければならない場合もあります。

大腸に出来やすく、胃にも出来る腺腫性ポリープはガン化率が高いといわれていますので、充分な処置が必要になります。

結腸(大腸)の腺腫性ポリープに比較すると胃の腺腫性ポリープは癌化率は低く、統計的には胃の腺腫性ポリープの中の2~5%が癌

化すると考えられております。


内視鏡ポリペクトミー(内視鏡ポリープ切除)
                                          

通常、問題の無いポリープの治療は内視鏡ポリペクトミーという方法が採用されます。

この方法は開腹しませんので、患者さんに負担の少ない方法で、入院も短期間ですみます。

慢性胃炎がある人は治療後も再発の可能性もありますので定期的に検診を受ける事が必要になります。

– 問診での注意事項 -

胃ポリープ切除では胃の中に傷をつくります。

出血をしっかり止めるために現在の自分の状況を確実に医師に知っておいてもらう必要があります。

血液凝固障害がないか、心疾患や脳梗塞などで抗凝固剤を飲んでいないかを知らせます。

又、呼吸不全、肝不全、腎不全、糖尿病などの病気のある人は傷の治癒が遅れる傾向があります。

胃ポリープ切除後の注意事項 -

切除後は潰瘍が生じます。潰瘍が治るまで抗潰瘍剤を内服します.

普通1ヶ月で潰瘍は瘢痕化して治癒します。

この一ヶ月間は注意が必要です。出血し易いのは術後1週間で、中には2週間後に出血した人もいます。

  
– 出血の無いように注意する事 -

切除後3週間は重いものを持たない。

長時間のたち仕事、ゴルフ、腹圧のかかる事を避ける消化の悪いもの、生ものを避ける。

切除後2週間はお粥中心の食事にする。

脂分の多い食事は避ける。

切除後4週間は禁酒、禁煙。

排便時の便の色を観察する。

タール状黒色便は出血の可能性があります。

AX

便秘の原因と食事による解消法

便秘の原因と食事による解消法

便秘の解消法に食物繊維が効果的!

便秘の解消に効果的だといわれる「食物繊維」や「お水」も、便秘の種類ごとに摂り方を考えたほうが、より効果的です。
また、便秘の種類によっても、解消法が違う場合があります。
摂った方が良い場合と良くない場合があるので、食べ物や食事の際には気を付けてください。

1.直腸性便秘の解消法

①朝一番の「コップ一杯のお水」を飲む習慣をつけましょう。お水を飲むことで、便意を感じるように腸を刺激します。
②便の量を食物繊維とお水をしっかり摂ることによって、便を増やしてやわらかくしましょう。

2.弛緩性便秘の解消法

①「冷たいお水」や香辛料(お酢、コショウなど)などで、腸に刺激を与えて動きをよくしましょう。
②弛緩性便秘にはビールも効果的です。
   と言うのは、ビールには炭酸ガスが使われていて、その炭酸ガスが腸を刺激してくれるので、適量ならとても効果的です。

3.けいれん性便秘の解消法

①弛緩性便秘とは、逆の解消法です。
   「冷たいお水」や「お酢やコショウ」などの香辛料を出来るだけ摂らないようにして、腸のけいれんを抑えるようにしましょう。

②脂肪の多い料理や食事、アルコール、カフェインなどが含まれる食べ物や飲み物は、腸に負担が掛かるので避けて、毎日3
   回の規則正しい食事を摂るようにしましょう。

便秘の種類と症状について

慢性便秘には、器質性の便秘と機能性の便秘があります。
器質性の便秘は直腸ガンなどで腸の癒着が起こって便が通りにくくなったり、子宮ガンや膀胱ガンが出来て腸を圧迫して起きます。
このような便秘の症状は、便秘薬は使用せず専門の病院にご相談してください。

次に機能性便秘ですが、次の3つにわかれます。

1.弛緩性(しかんせい)便秘
   日本人におおい便秘で便秘の多くは、このタイプです。
  大腸の筋肉が緩んでて便を押し出す力が弱くなってます。
  運動不足や病中病後の腹筋力の弱った人がなりやすいです。
  又、ダイエット中にもよくられる便秘です。
 
2.直腸性便秘

   便が直腸に達しても便意が起きず、蠕動運動が始まらない場合をいいます。
  忙しくてトイレに行かず、便意を催しても我慢をしたり、また浣腸を繰り返してると年老いて神経が麻痺すると直腸性便秘にな りやすいと言われます。
 又、いつも便秘薬に頼ってる方にもよくなります。
 便は、硬くて大きいので、いきんだ挙句に 切れ痔を起こし易いのも特徴です。

3.ケイレン性便秘
 弛緩性便秘とは全くの逆の便秘の症状で、大腸の収縮力が強すぎけいれんを起こしている便秘です。
 つまり大腸ほの管 が、強い収縮で細くなって便が通り道が細くなって起こるものです。
 ストレスを多く抱えてる方が多くかかりやすく食後に腹痛を伴う場合があります。
 便は、ウサギの便のようで、、便意は強いのにしっかりと出なくて腹痛やお腹がゴロゴロ鳴ったり、張ったりします。
 また、過敏性大腸症候群と呼ばれる便秘と下痢を繰り返す症状の方もいます。

便秘の原因と食事について

便秘は、女性の二人に一人が解消できずに苦しんでると言われてます。
便秘には、大きく分けて「急性型」と「慢性型」があります。

急性型の便秘は、環境の変化で起こるものです。
よく耳にする「旅行に行って便秘になった」と言うのが、良い例です。
と言うことは、環境に慣れれば便秘の原因はいつの間にか解消されます。

問題は、慢性の便秘で、食べ物や食事の食生活に関する問題や生活習慣の問題が原因です。
何かと忙しい現代社会では、朝食を食べない人が非常に多いです。
現代人の便秘の原因が朝食を食べてないことが大きな原因と言われてます。

でも、朝の食事を摂りさえすれば便秘が解消されるわけではありません。
朝に食事を摂ることで、身体が目覚め排便のきっかけを作ってくれるわけですが、多くの女性の方々は、お化粧に時間をかけてトイレに行くのは、時間のあるときに行こう!となりがちです。
折角、便意を催しても、我慢してトイレに行かないのも便秘の大きな原因です。

便意を催すということは、便が腸の壁を刺激してるのです。
トイレに行くのを我慢してるとこの刺激に慣れてしまって、刺激を刺激と感じなくなって、腸に溜まった便は、腸に水分が吸収されて硬くなるのです。
硬くなった便は、強力な下剤や相当な「いきみ」がないと出なくなって、挙句に痔になる方も多いそうです。

何日も便秘が続くとお腹が張ってポッコリお腹になる症状になって、苦しいですね。

 

便秘の解消法と食事

便秘は、解消しないとお腹が痛くなったり、
苦しかったりするので大変ですよね。
放っておくと、大腸がんの恐れもあります。
便秘の解消法とは、何があるでしょうか。
便秘の解消法で最も大事なのは、「食事」ではないでしょうか。
よく、食物繊維とかを聞きますが、これは、食物繊維が水分を吸着し、便をやわらかくして、体から出しやすくしてくれるためです。
これで便秘が解消できます。
こんにゃくや、シリアル、ごぼうなどに豊富に含まれています。
便秘の解消法では、油を適量とることも有効です。
あまりとり過ぎては逆効果ですが。
油は、腸の中で潤滑油的な役割をして、便を出しやすくします。
ヨーグルトなどの乳製品も便秘の解消法には、いいですね。
また、下剤や便秘薬などに頼り過ぎると、自分で便を出す力が弱くなり、下剤や便秘薬がなければ、排便できなくなってしまいます。
便秘の解消法を、食生活の観点からいうと、「3食きちんとバランスよく食べる」ということでしょう。
これは、便秘の解消法でなくても、健康についてすべてに言えることですよね。
便秘の解消法はすなわち健康にいいことということです。

便秘の解消法 飲料 

便秘の解消法というと、いろいろありますが、最近では、飲み物による便秘の解消法がたくさんあります。
便秘を解消するには、水分をたくさんとることです。
水分でも、ハーブティーやミネラルウォーター、乳酸飲料なども便秘の解消法にいいでしょう。
ミネラルウォーターでは、コントレックス、乳酸飲料では、ラブレなんかが市販されていますよね。
便秘の解消法にあたって、「センナ茶」もいいようです。
センナとは、エジプト近辺に自然分布している生薬であり、その葉をお茶にして飲むわけですが、大量に飲み過ぎると、下痢になるそうで、あまりおすすめはしないほうがよさそうですね。
水分などを多くとり、きまった時間にトイレに行く習慣をつける。
これが、一番大事なのではないでしょうか。
ダイエットをしていると、便の素がないので、便秘になりますし、結局、便秘の解消法としては、規則正しい生活が大切ですね

便秘に効く食べ物による予防・改善

食物繊維が腸の働きをサポートします

便秘解消に最も効果的なのは、食生活の見直しです。
肉類に片寄った食生活は、たんぱく質や脂肪を栄養源にする悪玉菌を増殖させやすい環境を作ります。
また、野菜が不足すると食物繊維が減少し、便秘になりやすくなります。
食物繊維の大半は消化されずに腸へと運ばれ、便の量を増やしたり、善玉菌のエサとして腸内環境を改善するなど、排便を促進する働きがあります。
食物繊維は水に溶けにくい不溶性食物繊維と、水にとける水溶性食物繊維に大別できます。
水溶性食物繊維は、小腸での栄養素の消化を抑え、遅らせます。
また、有害物質を吸着し、体外へ排出します。水溶性食物繊維を含む食品としては、リンゴ、ミカン等の果物、イモ類、キャベツや大根等の野菜類、昆布やわかめ等の海藻類等にも含まれます。
不溶性食物繊維は、腸の蠕動運動を促進し、便の通りを良くします。
また、腸内で水分を吸収し容積を増加させ、便の量を増やし、排泄を促進します。
不溶性食物繊維を含む食品としては、大豆等の豆類や玄米等の穀類、ごぼう等の野菜にも含まれます。

※食物繊維を過剰摂取すると、下痢を引き起こすことがありますので、ご注意ください。

乳酸菌は腸内細菌叢のバランスを整えます

食物繊維を含む食品と並び、便秘解消に高い効果が期待されているのが乳酸菌を多く含む食品です。
乳酸菌を摂ることにより、腸内に多量の酸が発生します。
この酸によって悪玉菌の増殖が抑えられ、腸内腐敗の防止、腸内菌叢の正常化につながります。
また、この有機酸は腸管の運動を活発にする働きがあり、栄養素の消化・吸収を促進します。
乳酸菌の多い食品は、ヨーグルト等の乳製品や納豆、キムチなどです。
ただし、摂取された乳酸菌の大半は腸に届く前に胃や十二指腸で死滅してしまうため、生きたまま腸に届く乳酸菌を選ぶことが重要です

そして、食物繊維や乳酸菌を含む食品も極端に摂取するのではなく、バランス良く食事の中で日常的に摂ることが大切です。

 

便秘を解消する食べ物について

牛乳でお腹を壊す人、ヨーグルトが食べられない人、セロリが苦手な人… 嫌いな食べ物なのに『便秘解消の為』と、嫌々食べていては逆にそれがストレスになり余計に便秘となってしまいます。
ですから、自分がストレス無く食べられる物・飲める物をチョイスしていくつかピックアップしておきましょう。
例えば、ヨーグルトでも砂糖が入っていないもの・入っているもの、フルーツが入っているものなど色々ありますし食物繊維の豊富な野菜や海藻類、豆類など炒めれば食べられるが、生では食べられない、煮炊き物の方が食べやすいなど、調理法によって取り入れやすさも違ってきます。

本来なら、便秘を解消する食べ物だとかを気にせず好き嫌いなくバランスの良い食事を摂っていれば、こういったことを調べるような面倒臭いことなんてしなくていいんでしょうけど今はコンビニでも洋菓子店でも飲食店でも美味しそうな食べ物が沢山並んでいてついつい食物繊維や便秘のことなんて後回しになってしまいますよね。
ですから、同じコンビニ弁当を食べるのであっても、野菜がたっぷり入っている物を選ぶとかケーキを食べるにしても洋梨やイチゴが乗っている物を食べるとかストレスにならない程度に少しずつ食物繊維の多い食品を摂り入れるようにしましょう。

≪食物繊維の豊富な食べ物≫
玄米・オートミール・大豆・小豆・枝豆
おから・きなこ・納豆・豆腐
干し椎茸・海苔・きくらげ・ワカメ・昆布・ひじき・寒天
さつまいも・山芋・里芋・ごぼう・れんこん
ブロッコリー・アスパラガス・セロリ・キャベツ
洋梨・イチゴ・オレンジ・りんご・バナナ

増える大腸がん

大腸がんにかかる方が、近年、日本では急速に増えているといわれています。
根底には、日本人の食生活の大きな変化があるようです。
もともと、大腸がんは欧米人に多い病気でしたが、日本人の食生活が欧米人に近づくにつれ、日本人にも大腸がんを患う方が増えてきたようです。
一方、大腸がんは、比較的、性質がおとなしい癌であり、早期発見すれば、ほぼ100%完治する癌です。
胃がんや肺がんに比較すると、成長も遅く、リンパ節移転も極めて少ない性質の癌なのです。

便秘が大腸がんリスクを高める

便秘は大腸がんリスクを高めるといわれています。
私たちの食べる野菜の多くは化学肥料を使って作られていますが、この化学肥料には、硝酸が含まれています。
もちろん我が国の農業で使われる農薬は無害であることが実証されていますが、この農薬に含まれる硝酸が、便秘によって増える悪玉の大腸菌やクロストリジウム菌によって亜硝酸イオンに変化します。
この亜硝酸イオンはたんぱく質が分解されることによってできるアミン酸と結合することによって、ニトロソアミンという化学物質に変化します。
このニトロソアミンが発がん性物質で、大腸がん発生のひとつの原因と考えられるのです。

大腸がん発生の複雑なプロセスの中で、便秘がひとつの原因になっていることは驚きですが、逆に言えば、便秘を解消することによって、ある程度、大腸がん発生を抑制できるともいえるわけです。
今や、大腸がんは癌による死亡率で、肺がん、胃がんに次ぐ第3位。
便秘を解消することで大腸がんリスクを下げることができるのですから便秘解消に努めるのは当然といえるでしょう。

便秘解消でがん防止

腸内の悪玉菌は、腸内で腐敗するたんぱく質を好みます。
そして発がん性のあるニトロソアミンを作り出すのです。
さらに脂肪を分解する働きのある消化液である胆汁酸は、ニトロソアミンが傷つけた大腸の細胞をさらに傷つける作用があります。
便秘の状態は、大腸がんの原因となるニトロソアミンが発生するのを助けるばかりか、大腸の細胞をさらに傷つける状態を長時間に亘って維持することになるのです。

大腸がんを防ぐためには便秘を解消することも有力な方法です。
医師に相談して便秘を解消すると共に、食生活の改善など、医師のアドバイスにしたがって、再び便秘にならないように気をつけることで、大腸がんリスクは大きく軽減するのです。

胃潰瘍の治癒経過

胃潰瘍の治癒経過

正常内視鏡象

食道 胃上部  胃下部         十二指腸  

« 前へ | 次へ »


山口県岩国市尾津町1-12-29
074_telephone 0827-34-0303