岩国市の内科、胃腸内科、消化器内科、肛門科 やましたクリニック

お知らせ
news

大腸ポリープの分類

大腸ポリープは、組織構造によって、大きく「腫瘍性ポリープ」と「非腫瘍性ポリープ」

の2つに分類されています。

腫瘍性ポリープは、さらに


(1)線腫(腫瘍性ポリープ)


(2)家族性大腸ポリポーシス


に分けられます。

A.腫瘍性ポリープ

大腸ポリープの多くを占めるタイプで、良性腫瘍と悪性腫瘍(がん)に分けられます。

<線腫>

良性腫瘍の多くは“腺腫”と呼ばれるもので、大腸ポリープの約80%はこの腺腫であるとも

いわれています。

線腫は、基本的に良性の腫瘍ですが、そのうち約10%は悪性としてがん化する恐れのある

ポリープです。

腺腫で治療を要する大きさの目安は一般的には“6mm以上”となります。

ポリープの大きさが10mmを超えると大腸がんへのリスクが高くなります。

5mm以下であっても形がいびつである、がんとの区別が難しいなどの場合は内視鏡治療の

対象となります。

悪性腫瘍(がん)の場合は、内視鏡治療または外科手術による切除が必要になります。

過度な飲酒、喫煙、動物性脂肪の過剰摂取、肥満、運動不足が原因に挙げられます。

<家族性大腸ポリポーシス>


大腸にたくさんのポリープが発生する病気です。

100個以上のポリープがあらわれると、「ポリポーシス」という名前に変わります。

家族性大腸ポリポーシスは、遺伝子の変異による遺伝が原因であることが分かっています。

B.非腫瘍性ポリープ

一方、「非腫瘍性ポリープ」は、腫瘍性に当てはまらない、がんに発展する恐れのないポリー

プのことです。非腫瘍性ポリープの多くは治療の必要がありませんが、出血や腸重積の原因と

なる場合は内視鏡治療が行われます。

代表的なものには


(1)炎症性ポリープ


(2)過形成性ポリープ


(3)過誤腫性ポリープ


といった種類が挙げられます。


<炎症性ポリープ>

炎症性ポリープは潰瘍性大腸炎やクローン病など、大腸に起きた炎症が原因で発生するポリー

プです。がん化する心配はありません。


<過形成性ポリープ>


大腸の粘膜が盛り上がった状態のポリープです。正常組織の過剰増殖によってできるポリープ

です。老化現象が原因とされています。がんに進行する心配はほとんどありません。


<過誤腫性ポリープ>


「若年性ポリープ」とも呼ばれ、子どもや若い人の直腸やS状結腸にできる良性のポリープが

多く見られます。正常組織の過剰増殖によってできるポリープです。

下血や血便の症状が見られることがあります。

インフォメーション

Google Maps
〒740-0032 山口県岩国市尾津町1-12-29
0827-34-0303
WEB問診はこちら 院長の撮影した写真集
診療時間
09:00 - 12:30
14:00 - 18:00

【休診日】水曜午後、土曜午後、日曜午後、祝日午後
日曜・祝祭日午前診療は予約制です。
予約がない場合は休診となります。
午前診療の受付は12:00までです。
日曜・祝日の健康診断は行っておりません。
日曜・祝日の診療は当日受付はお受けしておりません。