岩国市の内科、胃腸内科、消化器内科、肛門科 やましたクリニック

お知らせ
news

大腸ポリープの検査・診断

大腸ポリープはほとんど無症状です。

そのため、無症状な大腸ポリープの検査法として、

①便潜血検査、②大腸内視鏡検査(大腸カメラ)が主に行われています。

①便潜血検査

大腸ポリープを見つけるための拾い上げ検査(スクリーニング検査)では、便に血液がまじっ

ているかどうかをチェックする便潜血検査を行います。

見た目では分からないようなわずかな出血もみつけることができます。

ポリープがあると便がこすれて出血することがありますので、大腸からの少量の出血を見逃さないためにも便潜血検査は重要です。

ただし、便潜血検査結果が陽性だからといって必ずしも大腸ポリープがあるわけではなく、

などの病気が原因のこともあります。

②大腸内視鏡検査(大腸カメラ)

2日間の便潜血検査で1日でも陽性となれば、大腸内視鏡検査による精密検査が行われます。

人差し指ほどの太さをした柔らかいチューブを肛門から入れて大腸の中をくまなく観察できる

大腸内視鏡検査ポリープを調べるのには優れた検査です。また視鏡で治療できる場合に

その場でポリープを切除することもでき、ポリープの組織検査でがんかどうかの確定診断をつ

けることもできます。

大腸ポリープの検査としては最も感度の高い検査です。

インフォメーション

Google Maps
〒740-0032 山口県岩国市尾津町1-12-29
0827-34-0303
WEB問診はこちら 院長の撮影した写真集
診療時間
09:00 - 12:30
14:00 - 18:00

【休診日】水曜午後、土曜午後、日曜午後、祝日午後
日曜・祝祭日午前診療は予約制です。
予約がない場合は休診となります。
午前診療の受付は12:00までです。
日曜・祝日の健康診断は行っておりません。