岩国市の内科、胃腸内科、消化器内科、肛門科 やましたクリニック

お知らせ
news

潰瘍性大腸炎の原因

免疫の働きの異常によって大腸の粘膜に炎症が起きる

大腸には、食物と一緒に細菌やウイルスも入り込んできます。

それらを排除するため、免疫細胞(白血球)が大腸の壁のすぐ内側に密集しています。しかし、何らかの原因で、本来は体を守るべき免疫細胞が過剰反応を起こし、大腸粘膜組織を攻撃するため大腸粘膜組織が傷つき、大腸の壁が崩れてしまいます。それによって、さまざまな物質が大腸の粘膜を刺激し、炎症が続くようになります。これが潰瘍性大腸炎です。

免疫の異常が起こる原因

食生活や生活習慣の乱れ、ストレス、腸内細菌のバランスの乱れ、遺伝

などが挙げられます

インフォメーション

Google Maps
〒740-0032 山口県岩国市尾津町1-12-29
0827-34-0303
WEB問診はこちら 院長の撮影した写真集
診療時間
09:00 - 12:30
14:00 - 19:00

【休診日】水曜午後、土曜午後、日曜午後、祝日午後
日曜・祝祭日午前診療は予約制です。
予約がない場合は休診となります。
午前診療の受付は12:00までです。
午後診療の受付は18:30までです。
日曜・祝日の健康診断は行っておりません。